日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日はガンダムの日。実は昨日の放送は楽しみにしていました♪ なにせI.ジャスティスが出陣する回でしたので!
昨日は燃えた回ですね。オーブ攻防戦もクライマックスに向かい、色々と話も終盤に向けて動き出しました。何よりもMS同士の戦闘がよかったですね。(重力下においてフリーダムが行った複雑な回避運動はまず不可能ですが、それはアニメですからね) シンのデスティニーとレイのレジェンドの波状攻撃に追い込まれるフリーダム。 レジェンドの攻撃に隙を作られ、そこを突いてデスティニーのビーム砲が発射される瞬間。制止の声とともに突っ込んでくるアスランのジャスティス! 王道パターンとはいえ、やっぱりかっこいいです。 そこから展開されるアスランのシンへの説得。 『お前は何が欲しかったんだ?』 でも悲しいかな、アスランの言葉はシンの心を動かすには至らず。またもシンはキレて「裏切り者のくせに!」とアスランに切りかかってくる始末。 ここでついにアスランも覚醒ですよ! 迎え撃つアスランのジャスティス。切り結んだ後には腕を切り飛ばされたデスティニーと呆然とするシン。 久々に痛快な展開でした。これまではアスランの方が戦士としてシンに劣っているかのような描写が多かったので。 前回グフで落とされたのは、機体性能とメイリンをかばいながらの戦いだったからですよね。「同じくらいの性能の機体」と「一対一の戦い」という条件なら、歴戦の勇士であるアスランやキラの方がずっと上ということを今回は描いてましたね。贔屓目ですが(笑)。 でも今回キラはレイに対して苦戦していましたね。さすが無印SEEDでもフリーダムを追い詰めていただけありますね(この場合は「クルーゼが」ですが)。 フラガはちょっと記憶を取り戻している様子。ただこのシリーズ中に記憶を取り戻すかはちょっと疑問かな?マリューと新しく関係を築いていく方が自然ではあるのですが。 ユウナは実にヘタレキャラらしい死に様を見せてくれました(笑)。 シャトルに乗ってジブリールと一緒に宇宙に上がるつもりだったから、あのシェルターを嫌がって自分の屋敷のシェルターに行きたがったんでしょうが。 アークエンジェル対ミネルバは、アークエンジェルに軍配。少しの運と艦載装備の違いで勝てたような気もしますが…。 タリアも海に潜られたら反撃の装備がないことを言ってましたしね。 元々タリアは議長の命令には疑問を持っていたようですし、指令艦隊が軒並みアークエンジェルに潰されてからの撤退劇はある意味予測できたことです。 ザフト軍撤退後に力尽きたアスランのジャスティスは墜落。キラがそれを受け止めアークエンジェルに帰還。 アークエンジェルの格納庫内でヘルメットを取ると、血まみれのアスラン。キラの様子からもかなりの重症か?と思われましたが、シーンが変わると意外と大丈夫そうでした。さすがコーディネイター。とんでもない回復力ですw。 あ、メイリンは今回もとても良い娘さんでした♪(アスラン以外に頼る人がいないからというのもあるのでしょうが、それでも好感は持てますね。) カガリの声明に偽ラクスを使い妨害を図る議長。 さらにその電波をジャックしかえして、声明を出そうとする本物のラクス。 さぁ、今後の展開がどうなるか。次回の宇宙戦が楽しみなところ。イザークたちも出てくるみたいですしね。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2005/08/14 20:18】 | テレビ
トラックバック(0) |


risagasuokiku
議長が本物のラクスがでてたいそう驚いていましたが、ちょっと間抜けっぽかったですw。
スパロボをやっているのですが、前回の盛り上がりエピソードが巧みにシナリオに盛り込まれていて熱くプレイしてますw。
前作をもっとちゃんと見ていたら、今以上に楽しめたと思うと残念です。



なお
>リサガスさま
SRWはPS版の『第4次』をやって以来全く手をつけていません(これが最初で最後のSRWでした)。
手間がかかった割りにエンディングがあっさりしすぎていたのにがっかりしたのでw。
新ユニットが出るたびにやってみようかなとも思うのですが、敵ユニットを潰していく手間を考えると…。


コメントを閉じる▲
先週は総集編。今週は世界陸上の関係で1時間繰り上げでした。 今回はI.ジャスティス登場とドムトルーパーのジェットストリームアタックが見所?
予想にたがわずカガリのアカツキは、シンのデスティニーに押されます。 そこにこれもまた予想通り助けに入るキラのフリーダム。王道ですね。←さも当然のように今のガンダムは大気圏を独力で再突入してきますね。昔っからのガンダムファンは分かってると思いますが、あれは無理ですからねぇ(燃え尽きます)。 実際今回のドムだってちゃんと再突入ポッドに入って降りてきてるんですから。 今回のシンを見ると、さらに悪役度が増してきております(笑)。このまま悪役としてレイとともに最後は倒されてしまってください(ここまできてアスランの説得により急に思想の方向転換されるくらいなら、このまま倒される敵役としての存在の方が潔い気もするのですが…)。 紫のモミアゲの人も今週で完全退場でしょうか。 いい具合に「グー」でカガリに制裁を受けていましたねぇ。最後までまんま情けないキャラだったので、その役目は果たされたのですが(笑)。 このままジブリールは宇宙に逃げるでしょうが、その場合オーブはどのようにザフトに戦闘停止を申し入れるのでしょうか? 議長のオーブ攻めの表向きの大義名分は「ジブリールの拘束」ですが、本来の意図はオーブを潰すことにあるわけですし。仮に逃げられてしまったから戦闘行為をやめてくれって言った所で聞いてくれないでしょうしねぇ…。それともカガリが話すことで一時的に収められるのか。←それでも遺恨は残りますけどね。 フリーダムは単純にかっこいいですね~。 フルバーストモードで数を減らした後に、ライフルとサーベルで敵をまとめて戦闘不能に追い込む姿は見ていて好きですね。演出的に派手で。 次週はジャスティスも参戦しますが、あの怪我でアスランがMSを操縦できることの方がすげぇ(笑)。←先々週までは身体を動かすことすら困難だったのに。劇中で同じ時間軸の今回は、(支えが必要とはいえ)歩けるところまで回復してるんだから。 まともに戦闘機動とか行ったら、血反吐はいて自滅しそうだ…。 ジャスティスの立体化された試作モデルの出来はかなり期待できそう。HGででたら買おうと思ってます。←その前にセイバー作れよ、俺。 (おまけ) そうそう、今回もメイリンがかわいいキャラになってました♪ でもかわいそうに、アスランとはくっつけないですからね~。いい娘さんなんですが…。


追記を閉じる▲

【2005/08/07 11:00】 | テレビ
トラックバック(0) |
『S.フリーダム降臨!』 今日のDESTINYはその一言に尽きますね(以下S.フリーダムはフリーダムと略します)。 エターナルの逃走開始→キラ、ブースター装備のストライクで衛星軌道上まで昇る→虎の援護開始 この一連の流れはちょっと燃えました。 ちなみにキラが扱ってもストライクの性能ではあれが(援護できる)精一杯ということも分かりました。 カガリの扱うルージュでは推して知るべしと言ったところですか(笑)。←やっぱりお飾りなんですね…。 あとキラはルージュを持っていったのにフェイズシフトはストライクのカラーになっていたのは意図的? 確かルージュってストライクより出力が落ちる関係で、あのカラーにフェイズシフトするって読んだような気もするんですが…。違いましたっけ?
ラスト5分のフリーダムの活躍は圧倒的でした。 ドラグーンシステムをあれだけ完全に使いこなせれば敵は無いですね(笑)。←なにせ演出もニュータイプチックでしたし。稲妻が落ちてましたよ(笑)。 敵艦の艦長の台詞は1stのコンスコンのオマージュ(パクリ?)でした(笑)。 昔はリックドム13機でしたが、今回はザクとグフで25機(倍ですね)もガンダムに落とされる始末。戦艦は航行不能で終わりでしたけど。 フリーダムについて。 旧フリーダムも砲戦仕様の機体。 相手の攻撃可能レンジ外から一気に数を減らすような攻撃方法を取っていました。 まぁ主人公機が1機なのに対して、敵の数はその何十倍なんていう無茶苦茶な話なので止むなしというところですが。 今回もミーティアユニットと合体しての運用もある事を考えると、とにかく強力な火力でごり押し。残った機体だけ接近戦でしとめるという戦い方に変わりなさそう(そうすると腹部のビーム砲ってやっぱり意味無いような気が(笑))。 絵的には派手でいいんですけど、あんまりデスティニーなどとはバトルで絡まなくてもよさそうな感じですよね。アウトレンジから撃ちまくってればいいんですから。 MSの特性を考えると、レジェンドに対してフリーダム(対ドラグーンシステムという意味で)。デスティニーに対してジャスティスが当たるのがいいような気もするんですけどね。←この場合は種がはじけたアスランが、どれくらいシンを凌駕するかにかかってるんですが(笑)。 ※追記 ルージュの色の話。 間違ってました(笑)。 ・性能はストライクと同じ。 ・相違点はパワーエクステンダーによりPS装甲の稼働時間の延長。 ・操縦系統にオーブ開発の『操縦支援システム』搭載。 今回の色の違いはキラが出力を落として出撃したってことですね。ブースターにパワーをまわす都合があったんでしょうか?


追記を閉じる▲

【2005/07/16 19:05】 | テレビ
トラックバック(0) |
今回は議長たちの『ヘブンズゲート侵攻戦』が話のメイン。 ちなみに今回からOP/EDともに曲が変わりました。 正直言いますと、OPにケミストリーをもってきたのはちょっと失敗じゃないかと…(苦笑)。ま、個人的な感想なので、ファンの方は聞き流してください。
シンとルナが急接近! うーむ、SEEDお得意の突然ネタが今回も炸裂。 でもシンのヘタレキャラ具合には嫌悪感すら覚えた私。←なんであそこでキスシーンなのよ?ワケ分からん…。 ルナマリアのあの様子だと、もしもアスランと戦場でかち合ったら下手をすると問答無用で挑んできそうだな~。 アスランの言葉を聞いてくれそうなのってルナマリアくらいだから説得に応じる可能性もないとはいえないでしょうけど。←メイリンの生死次第でしょうか?なんだか次回予告だとやばそうに見えましたが…。気のせい? デスティニーの戦い方は、演出としては好きな方です。F91みたいに分身して見えましたし。 でもパイロットのシンが嫌いなんで、どんなにかっこよくデスティニーの活躍を見せてもプラモデルは買わないでしょう(笑)。←逆にパイロット変更に伴い、フォースインパルスは買うかもしれません。 そうそう、死んだと思ってたオクレ兄さん。なんだか生きててデストロイに搭乗してたんですけど(笑)。 でもやっぱり今回限りの命だったので、感慨も何もあったものじゃありません。南~無~。 来週はS.フリーダムの登場か?アスランもヘタレキャラから脱却できるのか?(やっぱりメイリン死亡フラグたっちゃった?) クライマックスに向けて、SEED得意の「力技で終わらせる」シナリオが今回も展開するのでしょうか?請うご期待といったところでしょうね。


追記を閉じる▲

【2005/07/09 19:52】 | テレビ
トラックバック(0) |
さて、前回までは ・アークエンジェルを撃墜された(と思っている)アスラン、その不合理な理由に議長に食って掛かるもその結果として裏切り者の嫌疑をかけられ、拘束されそうに。 ・情報をリークしてくれた偽ラクス(ミーア)を連れ逃亡を図るも、ミーアは拒否。アスランは一人で逃亡することに。 ・途中ミネルバオペレーター、メイリンの部屋に逃げ込むことになるアスラン。メイリンには『銃で脅された』と言うよう指示するが、彼女はアスランをかばいシャワーを浴びていたという演技をして警備兵たちを追い払う。 ・メイリンの協力もあり、グフを奪い逃走しようとするも、彼女の姿に気づいたレイ(ラウ・ル・クルーゼのクローン?)が追ってきて阻止のために発砲。 ・アスランは応戦してレイの銃を弾き、メイリンとともに港からの脱出に成功するも、その追撃にはシンのデスティニーとレイのレジェンドが向かってきた。 というところで終了でした。
今回は追撃のシーンでしたが、アスランもあんなに低空で飛ばなくても…、とは思いました。 おそらくは基地のレーダーに引っかからないようにするためなんでしょうが、あんなに派手に水しぶきをあげてると追撃してきた機体にはバレバレですよね(笑)。これもビーム系の攻撃から身を守るためと思えばちゃんとした理由によるものなんでしょうが、脚本のほうでそこまで考えているかは疑問ですね。 若干唐突感はあったものの、アスランは議長とレイの言葉はいずれ世界を滅ぼすとシンを説得にかかります。ここにきてヘタレ王の二つ名を返上かとも思えるような行動。 『俺はおとなしくやられてやるつもりは無い!』 いいですね~。序盤のアスランが戻ってきたみたいです。 それと対照的に阿呆な我らがシン君。 アスランの必死の説得に心を動かされそうになりながらも、レイの言葉を聞くことにより信念がぐらぐらと動かされまくり。結局思考回路がオーバーヒートのあげく種がはじけました(笑)。 大体レイの言葉だっておかしいじゃないですか。 仮に軍規に忠実な兵士でも、投降させられればそれに越したことは無いわけじゃないですか。仮にも昨日までは味方として共に戦ってきたのですから。アスランはともかくメイリンはね。アスランは「せめてメイリンは降ろさせろ」といってるんですよ? それをあっさりと「無用」と言い切って撃墜を強要してしまうレイ。なんて恐ろしい…、さすが黒幕(?)の一人。←メイリンもそれを聞いて大ショックを受けてましたしね。可哀想に…。 で、阿呆な主人公は 「こうなったのはアスランのせい。裏切ったお前が全部悪い」 とばかりにと責任転嫁(えー)。グフを撃墜します。 そのあとですぐアスラン達は「謎の人々(笑)」に回収されてましたから、I・ジャスティスの登場もまもなくですね(笑)。でもメイリンが死んだら少し可哀想な気もします。もし死んでしまったら、アスランがシンを撃つ十分な理由にはなりますがね。←アスランはそういうキャラじゃないとは思いますが。 さて撃墜後に呆然としてるシンですが、涙を流したって少しも同情できないという珍しい主人公(笑)。 主人公なのに味方を撃っちゃったしね~。 投降を求めるとか、戦闘不能にして拿捕とかじゃなく『撃墜』。 言い訳不能なくらいの馬鹿さ加減。 とっととキラあたりに落とさr…(略)。 ルナマリアとシンが艦内ですれ違うシーン。 シンが『ごめん』と謝り、直後ルナマリアがシンの背中で号泣→シンがルナマリアを抱きしめるというシーンがありました。 マジで思ったこと 『お前にはその権利はねーだろ(怒)』←SEED DESTINYの事を書いているサイトで同意見あるかと思います(笑)。 ルナマリアがシンのことを妹の仇として、後ろから常に狙っているキャラになったら面白いんですが(笑)。←シンって敵が多いね! アークエンジェルも今回秘密裏にオーブに帰国。あとはキラがラクス(本物)と連絡を取り、S.フリーダムの受領を行えば役者はそろうのですが…。 こちらもなんだか唐突に「全てがわかったー!」ってノリなんですよね…。キラなんか数週間前まで自分たちがどうすればいいか、まだ分からないなんて言ってたのに(笑)。 次週はまだシンとレイの大活躍(?)を観なければならない回でしょうね。 はやいところI.ジャスティスとS.フリーダムに登場してもらいたいですね。(ところでドムは誰が乗るのよ(笑)。)


追記を閉じる▲

【2005/07/02 20:24】 | テレビ
トラックバック(0) |
ついに議長が真の姿を晒し始めましたね。 ミーアがアスランのところに行かなければ、彼はそのまま拘束されていたかもしれないので、それだけでもいい仕事をしましたね。←ただアスランの差し伸べた手を取らなかったことは、彼女の運命を決めたともいえるでしょうが。 逆にアスランの手を取ったのは、今まで微妙に目立っていなかったメイリン。ここに来て株価大幅アップです(笑)。
彼女にとってアスランは気になる存在だったとはいえ、脱走を助けてそのまま一緒に逃避行とは予想してませんでした。 グフに乗り込むときにレイに狙撃されてメイリンは死ぬんじゃないかとも思いましたが…(大体においてこういう時って弾が人質に当たるもんですしね。撃った側からすれば、脱走者のせいにして討ち取る大義名分が出来上がります)。 ルナマリアはどうするんですかねぇ。妹が脱走の手助けをしてしまったんですから。 変な展開にはなってもらいたくはないですね。←ホーク姉妹は結構好きなキャラなんで。 さて、追撃に出た主人公が取る行動はどうなりますかねぇ。 あの分からず屋な性格なら問答無用でアスランを撃つはずなんですが(レイもいるしね!)、脚本家はそうした展開にはしないんでしょうね。ここからシンが変われるか、それともそのままなのかは残り1クールの脚本しだいなんですが…。←破綻気味だし、あまり期待してはいけないんでしょうが。 そう考えると昔のガンダムって結構すごいですよね。同じ1年の枠内でも物語としてはきっちり片をつけてるんですから(1stとかXなんかは途中打ち切りみたいなもんですから除きますけど)。


追記を閉じる▲

【2005/06/25 20:15】 | テレビ
トラックバック(1) |
なんでいきなりテッカマンブレード(笑)。 いや、SEED DESTINYのことで「恨み節だけで戦う主人公」なんて書いたのですが、ふらふらとサイトを回ってたらそういった主人公がいたアニメに、テッカマンブレードがあったなんて書いてあったので(笑)。
このアニメがやってたのは、確か私が中学くらいだったと思うのですが、記憶もあいまいで(笑)。 一時期レンタルビデオを借りてもう一度見直そうと思ったこともあったのですが、4巻くらいまで見たところで頓挫。今に至ります。 このアニメも主人公のDボゥイが宇宙生命体「ラダム」に家族を奪われた怒りと憎しみで戦っていたのですが…。 別に主人公に対して(シン・アスカのように)「嫌なキャラ」とは思わなかったのですよ。当時は私もまだ子供でしたし、そういった考えを持てなかったのかもしれませんが。 このアニメだと最後に倒さなければならないのは、奪われた肉親たち(身も心も乗っ取られて、敵側のテッカマンとして登場します)。はっきりいってハッピーエンドな終わり方じゃありません。 壮絶な戦いの末、双子の弟(テッカマンエビル)を倒し最後の親玉である兄(テッカマンオメガ)を倒しに月に単身乗り込むシーンは今でも心に残ってます。いや、マジですごかった…。 <倒した弟の死体を抱えて月に向かうシーン、ヒロインに向かって言う台詞> 「Dボウイも、アイバタカヤも、今ここで死んだ!俺は…、テッカマンブレードだ!」←だったかな?すみません、本編見返してないんで…。超うろ覚え(笑)。 あああ、テッカマンブレードの思い出話になってしまいました。 でもいいアニメだったと思いますよ?恨み節で戦う主人公でしたけど。戦う目的がはっきりしてたからそれほど嫌味な主人公とは感じなかったのでしょうか? ちなみに、実は昔テッカマンブレードのLD-BOX(時代を感じますね)の予約までしたことがあります(笑)。お金が確保できずにキャンセルしましたけど。


追記を閉じる▲

【2005/06/19 23:35】 | テレビ
トラックバック(0) |
ようやくアスランが主人公様をぶん殴りました(わーい)。 だがしかし、状況としては遅すぎたわけで…。
主人公の態度は何ていうか、もう徹底したお馬鹿さんとしか言いようがありませんね。何、あのアスランに対する嫌味は(笑)。←スミマセン、毎週シンのことを叩きまくってます。でもしかたないっすよね~。ホントにキライなんで。 確かに強敵の、フリーダムを撃破して浮かれる気持ちは分かります。 しかし『あなたの仇もとってやった』って何でしょうかね。確かにハイネ(西川氏)はキラのせいで落とされたのかもしれませんし、アスランのセイバーもキラによって撃破されたのは事実。 それでもアスランはキラたちの行動に疑問は抱きながらも、『敵ではない』という認識を持っているんですよ。 それを分かっていながらのあの態度、アスランがキレる気持ちも分かりますね。←確かに軍人としてはレイのその後の言葉が正論なんですが(笑)。 あれだけ派手に落とされたフリーダムも胸部コックピットユニットだけは爆発に巻き込まれず、キラも軽傷でした。 動力部の核爆発で絶対跡形も残らなさそうなんですが、脳内補完で『爆発寸前に緊急脱出のレバーを引いてコックピットユニットを切り離した』ということにでもしておきます(笑)。←それでも間に合わないでしょうけど。 フラガマンは先週少し記憶を取り戻すようなそぶりを見せましたが、今週は今ひとつ進展なし。あと1クールでのラミアス艦長の『愛』に期待しましょうか(笑)。 さあさあ、議長も最後のカードを切ってきました。 とうとう新型機としての「デスティニー」・「レジェンド」がお目見えしました。パイロットは主人公と…、アスラン?←そんな訳ないです。レジェンドは前作の「変態仮面」ことラウ・ル・クルーゼのクローン(?)であるレイが乗るのが相応しい。やっぱりアスランは「赤い」MSに乗らないとね♪(最近は全くのヘタレキャラですが) 主人公は新型機が与えられると聞いて大喜びですが、アスランはさすがに最初ほど議長の言葉は信じていない様子。だからこそ来週脱走するんですがね!(次回予告で脱いでたのってメイリンですよね。何で?(笑)あとアスランが差し伸べてた手は誰に向かってのものなんでしょう。) そういえば久しぶりに「民間人がぁ!」のイザークと「グゥレイトォ!」なディアッカがでてましたね。相変わらずのイザーク節にしびれましたよ(笑)。 新型機についてちょっと。 基本的にガンダムの主人公の乗りかえって、危機的な状況になってのものがほとんど(ΖならMarkⅡ撃破寸前にゼータガンダム登場とか。逆襲のシャアでもリ・ガズィがサザビーには全く太刀打ちできなかったために、アムロが急いでνガンダムをアナハイムに受領しに行ったとか)。 今回のように大喜びして乗り換えるっていうパターンはあんまり記憶にないですね。大体インパルスだってパーツの換装でまだ乗れますよね!(機種変はプラモデル販売の戦略っていうのもありますけど) 何が言いたいかというと、「やっぱり主人公って何も考えてない」ってことです。騙されてるって事にすら気づいてねーな、あの調子じゃ。ま、自分でも議長の言葉に感動したって言ってるし、謀略なんてあっても気づかないんでしょう。 物語終盤で実は議長が悪でした~、なんてなったらどうするんでしょうかね?最近はキラの方が主役っぽいし…。 まっ、まさか…、TV版ガンダム初の「主人公死亡エンド」とか(笑)。いや、それはそれでいいかも…(黒い笑いを浮かべながら、終了)。


追記を閉じる▲

【2005/06/18 19:20】 | テレビ
トラックバック(1) |


tablet
TV盤初ですか。そうですねありましたねえ!主人公が一般兵に撃たれるエンドとか!主人公銃殺エンドが!
いいんじゃないですかぁ?調子にのっていたら、議長にハメられて何か罪を被され公開処刑エンド。
この前、ガンダムについて書かれていたまた別のブログを見てたんですが、そこの筆者によると、もうデスティニーはストーリーが支離滅裂なんですと。敷きまくったた伏線が回収できそうにないみたいだし、うやむやに終わる位なら、小説アムロエンドやハサウェイエンドも止むなしですかねぇ?僕もシンならラストで死んでも(っていうか来週死んでも)ハッピーエンドって気分ではありますが。



なお
>tabletさま
確かにDESTINYは既にストーリーは破綻してますね。あのストーリーの伏線を回収するためには、あと半年は必要かと…。(議長の企み判明、主人公らしくシンが何かに目覚める、平和を目指して戦うように、というのがアニメの理想形)
実際は恨み節だけで戦う主人公にあるまじき主人公が、目的不明のまま戦ってるようにしか見えませんしねぇ。感情移入できないですよね。
無印SEEDでも脚本がえらい事になってましたが、結局DESTINYもグダグダ脚本になりましたね(涙)。シンに消えてもらっても物語をまとめる事は難しいですが、やっぱり上手く消えてくれないかなぁなんて思っちゃうのですよ。I・ジャスティスに倒されるとか(笑)。←アスランが殺すとは思えませんがね。


コメントを閉じる▲
ぎゃああああ、フリーダムが落とされたぁぁぁ!! あの大破の仕方じゃキラも死んだでしょう←普通はね。でも前回も生きてたから、今回も不死鳥のように蘇ってきて欲しいものです。
あーあーあー、もうね、主人公様(もう名前すら書きたくない(笑))が悪の親玉のようですわ。今回は一貫して凶悪顔でしたしね。ルナマリアが引いてたよ! 大方の予測どおりこの戦いには私怨が混じってましたわ。ここまで大局が見えていない主役ってのも珍しい…。 まぁ今回のバトルがスタートした段階で、キラは種はじけ状態だったのに対し、主人公様はノーマル状態でフリ-ダムの攻撃を回避。その時点で勝負はついていましたけどね。←主人公様が種はじけ状態になったら能力がさらに上がりますしね。 とりあえず今回は主人公様の作戦勝ちです。 Vガンダムのウッソよろしく、破壊されたチェストフライヤーを切り離してフリ-ダムにぶつけ、さらに破壊による爆発でダメージを与える。交換可能なパーツを持った機体にしかできない荒業ですね。 そうやってフリーダムをガリガリ削ったことで勝ってるんだし。ある意味奇襲か…。 それでも正直今回の結末には納得できーーん! 相打ちくらいならまだしも、どう見てもキラの完全な敗北だし。 とりあえずレイの助言があったからということと、キラが「殺さず」の精神で戦ってた(あと戦闘目的は最小限の戦闘による戦域離脱で「逃げ」を打ってた)から主人公様は勝てたのだと思っときます。 しっかし、アスランもフェイスっていっても名前だけだよなぁ。あの艦で完全に浮いちゃってるし…。 早くアークエンジェルに出戻っちゃってください。←戻ったら戻ったで、キラが落とされたことにつきカガリにめちゃくちゃ責められるでしょうが。また居場所がなくなっちゃうっ(笑)。 それでも、頼むアスラン。キラの、キラの仇をぉぉぉぉ…。あの主人公様を撃破してくれ~。←いや、多分死んでないから…。 まさにお前がやらねば誰がやるって感じですね。←絶対そんな展開にはならないでしょうけど(笑)。


追記を閉じる▲

【2005/06/11 19:31】 | テレビ
トラックバック(0) |


tablet
あぁぁぁぁ!一体全体どうなってやがる!性格が歪んでいて能力のあるやつがこんなにアタマに来るとわぁぁァ!!
ムウが宇宙で撃墜されても生きている位だからキラも死んではいないにせよ、やりすぎだぞ小僧ォ!
おまえは知らんのだろう?ヤキン・ドゥーエも、この話がややゼータガンダムに似ている事もぉぉぉォ!!
・・さて、僕は昔外車をメインに扱う整備工場に勤めていたので、プジョーの話になると、工場長に高井戸のプジョーのディーラーに出向しないか、と言われた時の事を思い出します。懐かしいなぁ。
いいコメントが思いつかないので(ガンダムのコメントだつてロクなもんじゃないけど)書き込みはしていませんが、楽しみにしとります。 ちなみに今は水道屋! 今週はこの辺で!



なお
>tabletさま
コメントどうもです。いや~、今回も我らが「むかつく主人公様」がやってくれました(笑)。
話も終盤に入るっていうのに、永遠に成長しない主人公。とにかくあんなのにデスティニーを渡したらいけないような気もします。
本来ならS.フリーダムで復活したキラに瞬殺してもらいたいところではありますが…(アスランでも可)。
「力を持つものはその行いに責任を持たねばならない」彼はその意味も理解せず戦うだけ。ただ自分だけが正しいと信じて。
「戦争はヒーローごっこじゃない」アスランもそう言ってたのに、彼が嫌いだからそれを聞き入れない。全くもって救いようがないですね(笑)。←誰かしらがこうなる前にその傲慢さを打ち砕くものなんですが…。このSEED DESTINYはそういったキャラがいないんですよね。
コメントはちょっと一言もらえるだけでも嬉しいので、たまにでも書きこんでください。それでは、おやすみなさい…。



say_say_say/
すんません最近のは分からないorz。とりあえず<Z>三部作の完結を待ちます・・・。



なお
>say_say_sayさま
まぁ分からなくても大丈夫ですよ。
Ζは見に行きたいなぁ、と思ってるのですが、近くじゃやってないでしょうし。
どうも大気圏突入時のMS戦が結構いいらしいので、それは見ておきたいのです。←ついでにフライングアーマーつきのMarkⅡのプラモデルも買っておきたいですね(笑)。
やっぱりDVD待ちになるかなぁ…。


コメントを閉じる▲
よかったですね~、ジーコジャパン。 私はサッカーについてはにわかファンだし、選手についての詳しい話なんか書けません(笑)。 だって知ったかぶりして書くのも嫌ですしね。 とにかく日本代表選手すべてにおめでとうと言いたいです。 ↑ちなみに私はテレ朝の松木氏のテンションがどうにも肌に合わないため、BSで見てました(笑)。

【2005/06/08 22:50】 | テレビ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。