日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マジですか~。」
というのが第一声。
せっかくランサーのポテンシャルも上がってきたのにこの仕打ち。酷すぎます。

でもパリダカは続けるんですよね?プレスリリースだとそうなってます。
勝てないWRCは見限って、勝てるパリダカに勢力を傾けるんでしょうか?
ブランドイメージが悪くなってしまったからこそ、復権をかけてWRCに取り組む姿に三菱の未来を期待していたのに…(まぁ私はどっちかと言えばスバル派なんですが)。

2000年代初頭のプジョーを見なさい!
あそこはWRCで勝ちまくったこともイメージ向上に一役買っています。
その結果、業績も上向いたメーカーなんですよ?
プジョーにできて三菱にできないことがあろうか?

ランサーWRCが勝ちまくれば(主にランエボが)売れる。
そうしたら胸を張って他の車も開発して売れるようにできるじゃないですか。
「うちの技術は世界最高峰のラリーで磨かれました。こんなにすごいんです。そして企業自体もリコール隠しなんてもう絶対しないメーカーに生まれ変わりました!是非うちの車を買ってください。」
ってね(さすがに後者は企業努力が要りますけど)。
ま、現実はこんなに甘くはないですが、それでも世界一の称号を持ったマシンを持ってるメーカーに惹かれる人も少なくないはずですよ。

08年復帰予定なんていってますけど、その頃にはマシンだけでなくWRCを取り巻く環境すら変わっているはず。
また1から出直しになるであろう三菱に、すぐさま勝利の女神が微笑むことは考えにくいです。

プライベートエントリーのような形になるのかもしれませんが、マジでがっかりです。G.ガリも来季こそ大化けすると思ってたので。

はぁ、もったいない…。

【2005/12/14 23:38】 | WRC
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。