日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目に突入しました~。 天候が変わりやすかったため、路面は完全なドライとはいかず、所々マッドであったりもしたようです。 レグ2終了時の順位は、 1位:S.ローブ(シトロエン) 2位:P.ソルベルグ(スバル) 3位:M.グロンホルム(プジョー) 4位:C.サインツ(シトロエン) 5位:M.マルティン(プジョー) 6位:T.ガルデマイスター(フォード) でした。
三菱のG.ガリは序盤のSS10でターボが外れるトラブルに見舞われ大きく順位を落としました。 ソルベルグ・グロンホルムよりも初日のタイヤ選択がばっちりだったので、同じようにいければたぶん上位のまま走っていたのでしょうが…。三菱のファンの方はさぞ無念でしょうね。←実際ガリはベストタイムを2日目もマークしてますし。 今回の見所はグロンホルムvsソルベルグになりそうですね。僅差でバトルをしてる上位陣はこの2人だけですから。 1位のローブにはちょっと届きそうもないですし、4位のサインツ以下はそれぞれ2分くらいずつの差ができてしまっているので、ミスかトラブルが生じないと詰められそうもないです。←そもそもレグ3はSSが2本だけしかないですしね。 仮にこの順位のままフィニッシュをむかえると、ローブとソルベルグのドライバーズポイントの差は13ポイントになります。 そろそろスバルも厳しくなってくる頃なんじゃないでしょうか?(ほら、ローブってリタイヤとかあまりしませんし、そうなってもスーパーラリーシステムで復活してきたらポイントが取れる可能性も高いですから。)


追記を閉じる▲
三菱のG.ガリは序盤のSS10でターボが外れるトラブルに見舞われ大きく順位を落としました。 ソルベルグ・グロンホルムよりも初日のタイヤ選択がばっちりだったので、同じようにいければたぶん上位のまま走っていたのでしょうが…。三菱のファンの方はさぞ無念でしょうね。←実際ガリはベストタイムを2日目もマークしてますし。 今回の見所はグロンホルムvsソルベルグになりそうですね。僅差でバトルをしてる上位陣はこの2人だけですから。 1位のローブにはちょっと届きそうもないですし、4位のサインツ以下はそれぞれ2分くらいずつの差ができてしまっているので、ミスかトラブルが生じないと詰められそうもないです。←そもそもレグ3はSSが2本だけしかないですしね。 仮にこの順位のままフィニッシュをむかえると、ローブとソルベルグのドライバーズポイントの差は13ポイントになります。 そろそろスバルも厳しくなってくる頃なんじゃないでしょうか?(ほら、ローブってリタイヤとかあまりしませんし、そうなってもスーパーラリーシステムで復活してきたらポイントが取れる可能性も高いですから。)

【2005/06/05 10:35】 | WRC
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。