日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでは続きを。 ここからは携帯電話に変えてからの2種類についてです。 当時はドコモのN501iが高校生に人気だった時期と記憶しているのですが…。 やはり私も(小物に関しては)流行を追いかけたいタイプ。どうせ就職活動をするようになるのであるから、携帯にしておくのも悪くはないだろうと思ったのです。←単なる言い訳なんですが(笑)。 そしてその頃にちょうどcdmaOneが発表され、新し物好きの自分にとっては選択肢が2つに増えたのでした。 結局私はドコモではなくIDO(当時)にしました。 その決定の決め手となったのは、ちょうど友人KがドコモのD501を使っていた(はず)ですが、電話をかけるとすぐに切れるという全くもって困った現象が多発。 「ドコモは信用できない」という公式が出来上がり、あえてIDOを購入するという行動に出ました。 人から聞いた話だと、IDOもつながりはよくなかったみたいなんですがね…。
③C201H(cdmaOne 日立製 シルバー 1999年4月~2000年3月?) 初めての携帯電話。それも同時発売の中では最もハイエンドな機種を買ってしまいました。これはおそらく最初のPHSでの教訓から、「初期投資はしっかりとした方が良い」ということを学んだからです。 結局はEZウェブを使いたかっただけなんですけど(笑)。 キーにちょっと難があったような気がします。(それを言うなら、次に買った機種の方がキーが使いづらくてしょうがなかったのですけど…。) でもそれ以前に私が悩んだのは、ディスプレイの色。今までが色付きのバックライトではなかったということもありますが、『赤』というディスプレイには参りました。←結局この色がなじまなくて、次の機種に買い換えを決意したような気もします。 音声通話は合格点。むしろドコモよりもきれいに聞こえたので、凄く嬉しかったことを覚えています。 当時は自分の回りにcdmaOneを使っている人は皆無だったのですが、それが逆に目立ててよかったような気もします。 ※この機種は既に処分したため手元にはありません。


追記を閉じる▲
③C201H(cdmaOne 日立製 シルバー 1999年4月~2000年3月?) 初めての携帯電話。それも同時発売の中では最もハイエンドな機種を買ってしまいました。これはおそらく最初のPHSでの教訓から、「初期投資はしっかりとした方が良い」ということを学んだからです。 結局はEZウェブを使いたかっただけなんですけど(笑)。 キーにちょっと難があったような気がします。(それを言うなら、次に買った機種の方がキーが使いづらくてしょうがなかったのですけど…。) でもそれ以前に私が悩んだのは、ディスプレイの色。今までが色付きのバックライトではなかったということもありますが、『赤』というディスプレイには参りました。←結局この色がなじまなくて、次の機種に買い換えを決意したような気もします。 音声通話は合格点。むしろドコモよりもきれいに聞こえたので、凄く嬉しかったことを覚えています。 当時は自分の回りにcdmaOneを使っている人は皆無だったのですが、それが逆に目立ててよかったような気もします。 ※この機種は既に処分したため手元にはありません。

【2005/07/16 00:40】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。