日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、大学も終わりいざ就職となりました。 やっぱり新しい携帯が欲しいな、と思うようになり電気屋で物色をすることに。 今までが無難なシルバーばかりだったので、今度は色のついた携帯もいいかなと思っていました。
④C302H(cdmaOne 日立製 シルバー 2000年3月?~11月?) 色つきがよかったのですが、結局またもやシルバーになってしまいました。このときは本当は白が欲しかったのです。 白を選べなかった理由として、一番安かった店で買おうと思っていたのですが、その店では白は新規のみの受付で機種変更ではダメという事。泣く泣くシルバーにすることにしました。←他店は結構いい値段だったのです。 使い勝手なんですが、とにかくボタンが小さかったです。最初は打ち間違いとかも多かったですね。 でも着信音等は4和音ということもあり、当時の機種としてはきれいだったと思います。形もシンプルなストレート型でしたし、飽きのこない電話でした。 なにより画面が赤から緑に変わったことが大きかったですね。私としてはこちらの方が落ち着いていて好きでした。 結局その後諸事情により一度携帯電話を解約してしまい、しばらくは家の電話だけという生活になりました。(注:別に借金とかしていたわけではないのですが…)


追記を閉じる▲
④C302H(cdmaOne 日立製 シルバー 2000年3月?~11月?) 色つきがよかったのですが、結局またもやシルバーになってしまいました。このときは本当は白が欲しかったのです。 白を選べなかった理由として、一番安かった店で買おうと思っていたのですが、その店では白は新規のみの受付で機種変更ではダメという事。泣く泣くシルバーにすることにしました。←他店は結構いい値段だったのです。 使い勝手なんですが、とにかくボタンが小さかったです。最初は打ち間違いとかも多かったですね。 でも着信音等は4和音ということもあり、当時の機種としてはきれいだったと思います。形もシンプルなストレート型でしたし、飽きのこない電話でした。 なにより画面が赤から緑に変わったことが大きかったですね。私としてはこちらの方が落ち着いていて好きでした。 結局その後諸事情により一度携帯電話を解約してしまい、しばらくは家の電話だけという生活になりました。(注:別に借金とかしていたわけではないのですが…)

【2005/07/16 08:50】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。