日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日観てまいりました。初日公演に行くなんて、いったいいつ以来でしょうね。
自分の中での劇場作品(原作つき)は意外と優先順位が低いものですから。

さて、感想ですが。内容には触れずに書きたいと思っております。
これから見る人への僕の配慮。でももしネタバレ的な内容が含まれてしまったら、ごめんなさい<(_ _)>。
ベースとなる話は、『スカイ・クロラ』。その中に僕が認識した限りでは、『ナ・バ・テア』が少し含まれていました。でも、物語をスポイルするようなものでは全くなく、自然に溶け込んでいたと思います。

キャラクターたちは、最初違和感があったものの慣れていくに従い、「ああ、こんなわけでこういう風に描いたんだなぁ」って思った点が一つ。
あくまでも私見ですが、「キルドレ」と「それ以外」をはっきり分けるための方法だったのではないかと思います。

空戦シーンは、劇場で観るということもあり迫力満点でした。
エンジン音、機銃掃射の音、そして撃墜されて爆発四散する音。
5,1チャンネルの音響システムがあるホームシアターをお持ちの方はともかく、今後DVD等で見られる方はそこら辺に注意です。

そしてラストですが、やはり思っていたとおりにはなりませんでした。
しかし、あの最後であったからこそ逆に原作のことも分かるかなって言う気がしました。もやもやしたものが確信へと変わるような、そんな感じ。


押井作品にしては(失礼)非常に分かりやすいものであったと思います。
これは劇場においてあった小冊子にもコメントを寄せていた人が書いてることでしたので、間違いありません。
お近くに劇場のある方は足を運ばれるのも良いかと思います。

ただ、僕の感想を読んで「期待はずれ」って言われちゃうと困っちゃいます(笑)。
私は基本的に殆どのアニメは「楽しんで見れてしまう」人間ですので。この点だけご理解の上、よろしくお願いします。


追記を閉じる▲
ベースとなる話は、『スカイ・クロラ』。その中に僕が認識した限りでは、『ナ・バ・テア』が少し含まれていました。でも、物語をスポイルするようなものでは全くなく、自然に溶け込んでいたと思います。

キャラクターたちは、最初違和感があったものの慣れていくに従い、「ああ、こんなわけでこういう風に描いたんだなぁ」って思った点が一つ。
あくまでも私見ですが、「キルドレ」と「それ以外」をはっきり分けるための方法だったのではないかと思います。

空戦シーンは、劇場で観るということもあり迫力満点でした。
エンジン音、機銃掃射の音、そして撃墜されて爆発四散する音。
5,1チャンネルの音響システムがあるホームシアターをお持ちの方はともかく、今後DVD等で見られる方はそこら辺に注意です。

そしてラストですが、やはり思っていたとおりにはなりませんでした。
しかし、あの最後であったからこそ逆に原作のことも分かるかなって言う気がしました。もやもやしたものが確信へと変わるような、そんな感じ。


押井作品にしては(失礼)非常に分かりやすいものであったと思います。
これは劇場においてあった小冊子にもコメントを寄せていた人が書いてることでしたので、間違いありません。
お近くに劇場のある方は足を運ばれるのも良いかと思います。

ただ、僕の感想を読んで「期待はずれ」って言われちゃうと困っちゃいます(笑)。
私は基本的に殆どのアニメは「楽しんで見れてしまう」人間ですので。この点だけご理解の上、よろしくお願いします。

【2008/08/03 15:22】 | 現代視覚文化
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。