日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらは電撃HMです。

こちらはこちらで雑誌自体がおまけで、実は付録が本体という「電撃クオリティ」を発揮。
(表紙は、1/144 RX-121-1+FF-X29A ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]&1/100 Ζガンダム(ver.2)



付録は1/144『フルドド』
1stガンダムで言うところの『Gアーマー』的な存在らしいです。
1/144 フルドドやっぱり『フルアーマー』化というのはロボット物の宿命ですね。
大概においてフルアーマー化が図られると、ロングレンジライフルが付くというのが最近の定番のような気がします。←『V2・アサルト』など。
ビジュアル的にはとても映えるんですが、やっぱり遠距離用の装備をしている機体はスナイパータイプであってほしいというのが個人的意見ですね。←高い性能を持つ(であろう)ガンダムタイプがアウトレンジから援護しているというのはどうにも納得しがたかったり(笑)。

と、私の意見はどうでもいいのですが。
とりあえず『ヘイズル・ラー 第2形態』を完成させるために電撃HMは2個買いが必須?


追記を閉じる▲
1/144 フルドドやっぱり『フルアーマー』化というのはロボット物の宿命ですね。
大概においてフルアーマー化が図られると、ロングレンジライフルが付くというのが最近の定番のような気がします。←『V2・アサルト』など。
ビジュアル的にはとても映えるんですが、やっぱり遠距離用の装備をしている機体はスナイパータイプであってほしいというのが個人的意見ですね。←高い性能を持つ(であろう)ガンダムタイプがアウトレンジから援護しているというのはどうにも納得しがたかったり(笑)。

と、私の意見はどうでもいいのですが。
とりあえず『ヘイズル・ラー 第2形態』を完成させるために電撃HMは2個買いが必須?

【2005/12/26 18:21】 | 楽しいお買い物 (逸般編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。