日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的に何を書いたか訳が分からないですね。
一言で片付けるなら、マイクロフォーサーズが出る事で、OLYMPUSの今後の製品展開はどうなっちゃうのかな?って言いたかっただけなのに。
余分なノイズを載せすぎると本質が分からなくなるのが分かっているのに、困ったものだ。

カメラは色々なマウントがあるから愛機選択が悩ましいわけだし、また購入の夢想の世界に浸ることが楽しい。
実際Nikon、Canon、OLYMPUSの3社のどれにしようかと、今でも悩み続けているくらい。
どれも一長一短、自分の欲しい機能を全て盛り込んでいるのはないので、何かを取って何かを諦めざるをえない。
それでも、考えている間が一番幸せなんですが。


改めて見るとこの文章も訳がわかんないなぁ…。

そうそう、本題と関係ない話ですが。
今まで(笑)とかwwwとか文中で使ってきましたけど、これってブログを始めた時は絶対に使わないようにしようって思っていた言葉なんですよね。なんだかスラングっぽいな、って思ってたので。
で、今は平気で使ってしまってるわけですが…。

上手い人が書く文章だとそんなものは使わないでも、うまく感情表現ができるはずなんですが、僕は無理ですね。
でも可能でしたら初心に戻って使わないで済ませたいし。…うーん、難しい。

ちょっと文の組み立てが上手い人のHPやブログを回って、勉強してみようかなと思ってます。
((笑)とかwwwとか常用しても問題ないのか?とか)

何でこんな風に書いたかっていうと、某ケータイ小説のレビューをみて爆笑させていただいたから。それと同時に自分のタレ流してきたテキストもアレとあんまり変わらないのか…、って気づいてしまったから。
おバカなネタを書くのであれば、それでもいいかもしれないんですが、自分としてはちょっと考えさせられるネタでもありましたので。


追記を閉じる▲
そうそう、本題と関係ない話ですが。
今まで(笑)とかwwwとか文中で使ってきましたけど、これってブログを始めた時は絶対に使わないようにしようって思っていた言葉なんですよね。なんだかスラングっぽいな、って思ってたので。
で、今は平気で使ってしまってるわけですが…。

上手い人が書く文章だとそんなものは使わないでも、うまく感情表現ができるはずなんですが、僕は無理ですね。
でも可能でしたら初心に戻って使わないで済ませたいし。…うーん、難しい。

ちょっと文の組み立てが上手い人のHPやブログを回って、勉強してみようかなと思ってます。
((笑)とかwwwとか常用しても問題ないのか?とか)

何でこんな風に書いたかっていうと、某ケータイ小説のレビューをみて爆笑させていただいたから。それと同時に自分のタレ流してきたテキストもアレとあんまり変わらないのか…、って気づいてしまったから。
おバカなネタを書くのであれば、それでもいいかもしれないんですが、自分としてはちょっと考えさせられるネタでもありましたので。

【2008/08/09 23:11】 | 戯言
トラックバック(0) |


akiho
遅コメですみません。
個人的にはマイクロフォーサーズ、
前向きには考えられません。
あれほどフォーサーズの優位性を説きながら、
他社の高画素・フルサイズ化に対するOLYMPUSの迷走感を疑ってしまうのです。
現時点での情報だと、
レンズ交換型コンパクトカメラくらいの印象でしかないし、
複数のマウントを持つなら、
素直にフルサイズに行きます(笑)

5D後継機まだかな~。

akihoさん
なお
そう、その通りなんですよ。
akihoさんの言いたい事は、まさに僕もそう思っていたことでして。

OLYMPUSがニッチ市場を狙ってきているのはいいのですが、じゃあそれまでのフォーサーズってなんじゃらホイ?っていう雰囲気がぬぐえず。

フォーサーズを突き詰めて、Canonに負けないくらいの高感度域で勝負できるようになったら、こういう物もsecond barrage的に出してきても文句はいわ(え)ないのですが……。

こんな様子ですと僕もCanonのフルサイズ待ちになりそうですね。
(いや、とりあえず現物が出てからでも遅くはない、か?)

最近よくわからないけど
MINT
PENTAX AUTO-110SRみたいなマイクロ一眼として趣味のカメラになりえるか、ただのPANASONICの戦略にOLYMPUSが喰われてしまったのか...



MINTさん
なお
見方を変えると、必ずしもフルサイズだけにならないので、差別化された商品開発としてのM.フォーサーズは面白いと思います。

ただもったいないのは、M.フォーサーズにフォーサーズレンズはアダプターを介して装着できても、その逆はできないという点。

M.フォーサーズがパナソニック主導の下行われるのであればそれもやむなしかと思いますが、逆にフォーサーズの梅以上に軽量のレンズをフォーサーズでも使えれば、面白みというものが増すと思われます。←パンケーキもいいレンズですが、ズームで上等なレンズが使えるのもまた面白い?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
遅コメですみません。
個人的にはマイクロフォーサーズ、
前向きには考えられません。
あれほどフォーサーズの優位性を説きながら、
他社の高画素・フルサイズ化に対するOLYMPUSの迷走感を疑ってしまうのです。
現時点での情報だと、
レンズ交換型コンパクトカメラくらいの印象でしかないし、
複数のマウントを持つなら、
素直にフルサイズに行きます(笑)

5D後継機まだかな~。
2008/08/11(Mon) 20:46 | URL  | akiho #-[ 編集]
akihoさん
そう、その通りなんですよ。
akihoさんの言いたい事は、まさに僕もそう思っていたことでして。

OLYMPUSがニッチ市場を狙ってきているのはいいのですが、じゃあそれまでのフォーサーズってなんじゃらホイ?っていう雰囲気がぬぐえず。

フォーサーズを突き詰めて、Canonに負けないくらいの高感度域で勝負できるようになったら、こういう物もsecond barrage的に出してきても文句はいわ(え)ないのですが……。

こんな様子ですと僕もCanonのフルサイズ待ちになりそうですね。
(いや、とりあえず現物が出てからでも遅くはない、か?)
2008/08/11(Mon) 21:11 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
最近よくわからないけど
PENTAX AUTO-110SRみたいなマイクロ一眼として趣味のカメラになりえるか、ただのPANASONICの戦略にOLYMPUSが喰われてしまったのか...

2008/08/23(Sat) 15:23 | URL  | MINT #EBUSheBA[ 編集]
MINTさん
見方を変えると、必ずしもフルサイズだけにならないので、差別化された商品開発としてのM.フォーサーズは面白いと思います。

ただもったいないのは、M.フォーサーズにフォーサーズレンズはアダプターを介して装着できても、その逆はできないという点。

M.フォーサーズがパナソニック主導の下行われるのであればそれもやむなしかと思いますが、逆にフォーサーズの梅以上に軽量のレンズをフォーサーズでも使えれば、面白みというものが増すと思われます。←パンケーキもいいレンズですが、ズームで上等なレンズが使えるのもまた面白い?
2008/08/24(Sun) 12:33 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。