日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRUEVIEW SPORTS
眩しさを落としながらも、物体のコントラストをはっきりとさせるというのは、実生活の中で真実を見極めるために必要となるスキルに似ている。


<撮影データ>
・カメラ:Canon IXY DIGITAL10
・撮影モード:マニュアル
・シャッター速度:1/10
・絞り数値:2.8
・ISO:800
・焦点距離:5.8㎜
・モード:マクロ
・WB:太陽光


それだけの『眼』があれば、こんなにも回り道をしなくて済むのだろうか?
ふとそういう気持ちになることもしばしば。

今回の購入は、TALEXの偏光サングラス。
レンズのみの交換をしてまいりました。
フレームは昔購入して、先日まで毎日のように使っていたレイバン。
ブルーのレンズはお気に入りでしたが、傷がついてきたのと、偏光レンズが欲しくなったので買い替えに踏み切りました。

当初の予定では、「エアリーグリーン」を購入予定でしたが、店員の勧め等もありましてオールマイティーに使える「トゥルービュー・スポーツ」に鞍替え。
外からは目が見えちゃうのはちょっとあれなんですが、長く使うことを考えたらこういうカラーのサングラスも持っていなければだめですよね?
(エアリ-グリーンはまた別の機会にします)

しかし、TALEXのレンズはいいですね。
色の種類も多いし、選ぶ楽しみがあるし。
何より性能も申し分ないですから。
以前作った、「ビスタイエロー」のサングラスとともに、自分のカーライフを充実させてくれることを期待しています。


しかし一番今回やらかしたと思ったのは、「フレームが曲がっていたこと」。
レンズを入れて帰ってから気づいたんですが、ちょっと落ち込みました。
こんなんだったらあと1万出してセット販売していた方を買っておけばよかったかな?と。
けど、とりあえず曲がっているのも軽微だと思いますので、近所のメガネ店でフレームの修正を依頼。
それでダメなら、車に乗るとき以外は掛けなければいいという結論に達しました。


追記を閉じる▲
それだけの『眼』があれば、こんなにも回り道をしなくて済むのだろうか?
ふとそういう気持ちになることもしばしば。

今回の購入は、TALEXの偏光サングラス。
レンズのみの交換をしてまいりました。
フレームは昔購入して、先日まで毎日のように使っていたレイバン。
ブルーのレンズはお気に入りでしたが、傷がついてきたのと、偏光レンズが欲しくなったので買い替えに踏み切りました。

当初の予定では、「エアリーグリーン」を購入予定でしたが、店員の勧め等もありましてオールマイティーに使える「トゥルービュー・スポーツ」に鞍替え。
外からは目が見えちゃうのはちょっとあれなんですが、長く使うことを考えたらこういうカラーのサングラスも持っていなければだめですよね?
(エアリ-グリーンはまた別の機会にします)

しかし、TALEXのレンズはいいですね。
色の種類も多いし、選ぶ楽しみがあるし。
何より性能も申し分ないですから。
以前作った、「ビスタイエロー」のサングラスとともに、自分のカーライフを充実させてくれることを期待しています。


しかし一番今回やらかしたと思ったのは、「フレームが曲がっていたこと」。
レンズを入れて帰ってから気づいたんですが、ちょっと落ち込みました。
こんなんだったらあと1万出してセット販売していた方を買っておけばよかったかな?と。
けど、とりあえず曲がっているのも軽微だと思いますので、近所のメガネ店でフレームの修正を依頼。
それでダメなら、車に乗るとき以外は掛けなければいいという結論に達しました。

【2008/08/23 23:39】 | 楽しいお買い物 (一般編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。