日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(AmazonAssociate)境界線上のホライゾン 1下

本日到着。
んで、最速読破の法にて内容理解。

すっげーおもしれぇぇぇ!!!

第1話なのに、すでにクライマックスモード。
何?この仮面ライダー電王?

まー、あれですね。
普通とらわれた姫を救出に向かうのは、物語終盤的な展開ですからね。
作者の今作品の方向性が非常に心の琴線に触れました。

本の分厚さに心がくじけそうになる人もいるやもしれませんが、これは面白いですよ。マジお勧め。
普通は最弱の主人公って言っても、何かしら戦闘能力的なスペシャルスキルを持ってるわけじゃないですか?でもトーリはアーバンネームどおりに不可能男(インポッシブル)なわけで。
(もちろん物語途中でトーリが望んだある「契約」がスペシャルスキルには該当しますけど、少なくともアレは自身の直接戦闘系のスキルじゃないし。ゲームだったら司令官ユニットの持つスキルとしての効果としてはアレは絶大ですけどね。←詳しくは本を読んでね)

おかげで周囲のサブキャラたちがいい働きをするんですわ。

個人的に(女性キャラで)はミトツダイラがお気に入り♪
騎士なのに武装がチェーンだとか、トーリのことを「我が王」と呼んだりとか、上巻から見るに限り、絶対ポジション的には「弄られキャラ」だとか。まぁ色々要素はあるんですが、登場ページの割には存在感があるんですよね。今後も活躍することを期待(主に弄られ方面で(笑))。

逆に男性キャラだったら、前にも言いましたが点蔵ウルキアガですね。
今回は前巻ほどの存在感を感じられなかったのですが(と言うのも、この巻は正純がメインを張っちゃってたので)、絶対お笑い枠には入ってますし、戦闘能力も(高いハズな)ので活躍の舞台さえ与えられれば凄く大活躍だと思うんですよ。


とにかく、キャラの多さ、本の分厚さ、値段、等々。
色々と普通のラノベとは違う点も多々ありますが、どれもこれも読む気にさえなればさほどの問題にはなりませんし、時間が許す方は是非とも手に取っていただきたいですね。

あ、もちろん個人の嗜好っていうのがありますので、万人向けとは言いません。
気に入らなくても石を投げないでくださいね(笑)。そこだけは自己責任で~。


追記を閉じる▲
普通は最弱の主人公って言っても、何かしら戦闘能力的なスペシャルスキルを持ってるわけじゃないですか?でもトーリはアーバンネームどおりに不可能男(インポッシブル)なわけで。
(もちろん物語途中でトーリが望んだある「契約」がスペシャルスキルには該当しますけど、少なくともアレは自身の直接戦闘系のスキルじゃないし。ゲームだったら司令官ユニットの持つスキルとしての効果としてはアレは絶大ですけどね。←詳しくは本を読んでね)

おかげで周囲のサブキャラたちがいい働きをするんですわ。

個人的に(女性キャラで)はミトツダイラがお気に入り♪
騎士なのに武装がチェーンだとか、トーリのことを「我が王」と呼んだりとか、上巻から見るに限り、絶対ポジション的には「弄られキャラ」だとか。まぁ色々要素はあるんですが、登場ページの割には存在感があるんですよね。今後も活躍することを期待(主に弄られ方面で(笑))。

逆に男性キャラだったら、前にも言いましたが点蔵ウルキアガですね。
今回は前巻ほどの存在感を感じられなかったのですが(と言うのも、この巻は正純がメインを張っちゃってたので)、絶対お笑い枠には入ってますし、戦闘能力も(高いハズな)ので活躍の舞台さえ与えられれば凄く大活躍だと思うんですよ。


とにかく、キャラの多さ、本の分厚さ、値段、等々。
色々と普通のラノベとは違う点も多々ありますが、どれもこれも読む気にさえなればさほどの問題にはなりませんし、時間が許す方は是非とも手に取っていただきたいですね。

あ、もちろん個人の嗜好っていうのがありますので、万人向けとは言いません。
気に入らなくても石を投げないでくださいね(笑)。そこだけは自己責任で~。

【2008/10/13 19:00】 | Read Books
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。