日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発売日に届いてましたが、購入歴を書いてませんでしたので今更ながら書かせていただきます。

時系列的には第一章の前に当たります。
原作を読んでいる方は御存知だと思いますけど、補足程度の意味で書いておきます。
オープニングから結構陰惨なシーンから始まりますので、アニメとはいえレイトショーオンリーはある意味正しいかも(笑)。←けど、結局DVDに落としたら一緒なんですがね。

さて、今作品ではバトルがあります。
「式」対「藤乃」になるわけですが、そのシーンは小説という文章媒体を映像化したらこうなるよ、という非常に興味深いもの。
個人個人で好みはあると思いますが、僕としては十分満足しました。
(そうそう、藤乃というキャラクターは『空の境界』シリーズでは一番好きですね。ビジュアル的に(苦笑))

しかしながら、原作付き、しかも媒体が小説というものであるため、最大の弱点も。
橙子の説明や幹也の行動といった伏線回収のためのシーンがどうしてもあっさりしたものに感じられてなりません。
これは時間的制約のあるものですから仕方がないのですが、やっぱり時間いっぱいに尺を取った『空の境界』を見たいな、と思ってしまいます。

【2008/10/13 21:45】 | 楽しいお買い物 (逸般編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。