日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QEDシリーズの最新文庫版です。
Amazonからのメールが無かったら、見逃していたかもしれません。

さて、“ventus”が付くという事は、本編とは若干ずれた内容ということになります。
(“ventus”はラテン語で「風」って意味らしいですよ?そんでもって、このシリーズはトラベルミステリー的な立ち位置にあるとか←以上あとがき部から参照)


で、紹介したはいいのですが、ついさっき届いたばかりでしてまだ内容どころかあとがきの数ページを流し読みしただけ。
しかも“ventus”の意味だけを知るためだけに(笑)。

「熊野の残照」とサブタイトルが付いてますが、その「熊野」ってどんな所でしょう?
地理にとにかく疎いもので、「熊野」って聞いてもピンと来ないんですよね~。
「熊野詣」っていう言葉が浮かんできたくらい。

とりあえず、ググってみましたら、こんな記事がありました。
ページ最初の地図に、これらの地名があったところを見ると舞台等は間違ってないみたいです。

それではあとは読むだけ。
主人公たちは巻き込まれないということは(“ventus”では)お約束のはずですので、特段感情移入はしないで読む事になると思います。

感想を書くとしたら、“Read Books”のカテゴリー内で。

【2008/10/21 20:05】 | 楽しいお買い物 (一般編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。