日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトポッドを作ろう!

<テーマ>
プジョーに限らず、フランスの車は標準のヘッドライトだと夜道は怖い。
ウチのはHIDを入れているので、晴天の夜であれば恐れるものはないのですが、逆に雨天時はHIDの白色灯が裏目に出て非常に見づらいのです。

それを解決するために雨天時はフォグランプを点灯させているわけですが、やっぱり見づらいことには変わりないです。
そこで考えました。
WRカーがナイトセクションで装着しているライトポッド、これを是非自分の車にも装着したい、と。

いやいや、もちろん馬鹿げた考えなのは重々承知ですよ。
あんなのを装着したら、フロントヘビーがさらに増長されてしまいますからね。
でもやっぱり付けたいんだ~。

<構想>
さすがに市販のを買って加工っていうのは予算的に厳しすぎ。
やっぱりDIYかな、と思ってます。
そして、一番重大な所は、

・ボディに傷をつけないようにする
・それでいて脱着は容易(走行中の強度を確保した上で)
・バッテリーからの電源供給ではなくていい(むしろ電源は乾電池何本かで、使いたい時に使えるというイメージ)
・雨天時のことを考え、スイッチは外付きでも防塵・防滴機能は高いもの


という身の程知らずな命題がっ!

絶対無理ではないでしょうが、流石に機械工学先行ではないので、設計や作成にはかなりの手間がかかりそうです。
色々考えて、できそうなら着手。ダメそうならあっさり放棄、という感じで試行錯誤して行こうと思います。
(流石にプライドもあるので、懐中電灯4本並列っていうのはナシの方向で(苦笑))


電子工作が得意で、アドバイスがもらえる友人がいればいいんですが、それは期待できないので妄想と構想の狭間を楽しんで行こうと思います。

(別にできなくても誰が困るわけでもないし。もしも動きがあるようでしたら、随時ここでUPしていきますので~。生温かい目で見守ってください)


追記を閉じる▲
<構想>
さすがに市販のを買って加工っていうのは予算的に厳しすぎ。
やっぱりDIYかな、と思ってます。
そして、一番重大な所は、

・ボディに傷をつけないようにする
・それでいて脱着は容易(走行中の強度を確保した上で)
・バッテリーからの電源供給ではなくていい(むしろ電源は乾電池何本かで、使いたい時に使えるというイメージ)
・雨天時のことを考え、スイッチは外付きでも防塵・防滴機能は高いもの


という身の程知らずな命題がっ!

絶対無理ではないでしょうが、流石に機械工学先行ではないので、設計や作成にはかなりの手間がかかりそうです。
色々考えて、できそうなら着手。ダメそうならあっさり放棄、という感じで試行錯誤して行こうと思います。
(流石にプライドもあるので、懐中電灯4本並列っていうのはナシの方向で(苦笑))


電子工作が得意で、アドバイスがもらえる友人がいればいいんですが、それは期待できないので妄想と構想の狭間を楽しんで行こうと思います。

(別にできなくても誰が困るわけでもないし。もしも動きがあるようでしたら、随時ここでUPしていきますので~。生温かい目で見守ってください)

【2008/11/26 23:27】 | PEUGEOT 206XS
トラックバック(0) |

こんばんは^^
そよかぜ
やっぱHIDって天候悪な場合には苦しいんですねぇ。
私はちょっとケルビン値を上げた普通のバルブですが
やっぱり暗いデス(笑)
でもそれに慣れちゃってるかも(^_^;)

ライトポッドは格好イイですね!
ん?車検ってどうなんでしょ??

私の時代は光軸の問題やらなんやらで通らなかった
記憶がありましたもので。。。


そよかぜさん
なお
実は車検のことは全く考えてなかったり(笑)。

というのもコレをつけたままの車検というのはナンセンスですから。
そこで重要なのが、簡単に脱着可能っていうところなんですよ。
車検の時は外しておけて、普段使いのときだけセットアップ、なのが理想。
それ故、本体バッテリーからの電源供給という方法ではなく、乾電池等からの電源供給が基本設計のベースになるわけです。
スイッチなんかも外にあって良いのですが、問題はフロントから受ける空気圧と、それに耐えうる強度を兼ね備えた接続方法。
空気抵抗のほうは、可能な限り隙間を作って、あいだから抜く方法で。接続に関しては、上手くボンネットにはめ込めるのが一番なんですが、ここが一番の思案のしどころなんですよね~。

とりあえず、妄想段階を抜けてませんので、上手くまとめることはできないのですが。
とりあえずDIYするのに必要そうな部品探しから始めたいと、そう思ってます。

ナルホド^^
そよかぜ
いやぁ~文章の読み取り能力が不足してたようです^^
脱着可とはそういうコトでしたか。
失礼致しましたm(_ _)m

あ、ワタクシ。
実は電気関係の人間でして、照明も含めて設計から工事やら携わっておりますです(笑)
電気的に何か有りましたら、ご一報のホドを♪



そよかぜさん
なお
いえいえ、お気に召されるな。
所詮は僕の脳内での出来事を垂れ流しているだけですので、分かりづらい点は御容赦を。

>電気関係
なんとっ!
それは渡りに船。
その時は是非御教授をお願いします(なんちて)。

一番の問題は、実は配線図だったり(初歩的なところからダメじゃんwww)。
本体部の素材等、クリアしなければならない問題は山積みなんですが、やっぱり光らせる以上はちゃんとした図面を引かないといかんのでは、とおもっちょります。
ほら、基本的に直列で電池を繋げばとりあえず電気がつく、位の知識しかないので(苦笑)。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは^^
やっぱHIDって天候悪な場合には苦しいんですねぇ。
私はちょっとケルビン値を上げた普通のバルブですが
やっぱり暗いデス(笑)
でもそれに慣れちゃってるかも(^_^;)

ライトポッドは格好イイですね!
ん?車検ってどうなんでしょ??

私の時代は光軸の問題やらなんやらで通らなかった
記憶がありましたもので。。。
2008/11/27(Thu) 21:46 | URL  | そよかぜ #-[ 編集]
そよかぜさん
実は車検のことは全く考えてなかったり(笑)。

というのもコレをつけたままの車検というのはナンセンスですから。
そこで重要なのが、簡単に脱着可能っていうところなんですよ。
車検の時は外しておけて、普段使いのときだけセットアップ、なのが理想。
それ故、本体バッテリーからの電源供給という方法ではなく、乾電池等からの電源供給が基本設計のベースになるわけです。
スイッチなんかも外にあって良いのですが、問題はフロントから受ける空気圧と、それに耐えうる強度を兼ね備えた接続方法。
空気抵抗のほうは、可能な限り隙間を作って、あいだから抜く方法で。接続に関しては、上手くボンネットにはめ込めるのが一番なんですが、ここが一番の思案のしどころなんですよね~。

とりあえず、妄想段階を抜けてませんので、上手くまとめることはできないのですが。
とりあえずDIYするのに必要そうな部品探しから始めたいと、そう思ってます。
2008/11/28(Fri) 00:00 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
ナルホド^^
いやぁ~文章の読み取り能力が不足してたようです^^
脱着可とはそういうコトでしたか。
失礼致しましたm(_ _)m

あ、ワタクシ。
実は電気関係の人間でして、照明も含めて設計から工事やら携わっておりますです(笑)
電気的に何か有りましたら、ご一報のホドを♪

2008/11/28(Fri) 21:15 | URL  | そよかぜ #-[ 編集]
そよかぜさん
いえいえ、お気に召されるな。
所詮は僕の脳内での出来事を垂れ流しているだけですので、分かりづらい点は御容赦を。

>電気関係
なんとっ!
それは渡りに船。
その時は是非御教授をお願いします(なんちて)。

一番の問題は、実は配線図だったり(初歩的なところからダメじゃんwww)。
本体部の素材等、クリアしなければならない問題は山積みなんですが、やっぱり光らせる以上はちゃんとした図面を引かないといかんのでは、とおもっちょります。
ほら、基本的に直列で電池を繋げばとりあえず電気がつく、位の知識しかないので(苦笑)。
2008/12/06(Sat) 22:28 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。