日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「部屋の掃除をせい」とのご下命が下りましたので、何とかしないといかんなぁ、と考えていた本を紙袋に放り込んでBOOK・OFFへ。
二束三文でもいいから、とにかく数を減らすのが目的。仮に買い取ってもらえなくても、タダでくれてやるわ。

何冊くらい売ったかなぁ?
多分20冊はくだらないと思うんですが、金額にして140円也。
ま、本の値段なんてそんなもんですね。

で、古本を何冊か購入。
昔好きだった本の未読分と、たまたま見つけたからとりあえず買うかといったもの。
収入よりも支出の方が多いのは仕方がないところですね(苦笑)。

買ったのは、

・我が庭に響け銃声
・我が館にさまよえ虚像
・我が聖域に開け扉(上)

(以上、『魔術師オーフェンはぐれ旅』長編)
・まぶらほ~凛の巻~
・RAGNAROK EX ~COLD BLOOD[失われた絆]~


です。

ラノベばっかりっていうのは、「趣味だ。諦めろ。」


オーフェン関連を突然買い始めたのは、理由があります。
Wikipediaで何とはなしに調べたら、作家のHPがあることを知ったから。
そこではキャラ名は伏せられているものの、最終巻の後日談が掲載されているのです(2008年10月の日記から)。
それを見ていたら、久々に読みたくなっちゃって。

しかしながら、ここで問題が。
というのは、発売当時は貧乏時代だったため(この本を)後回しにしていたら、現在は書店から姿を消してしまい、古書で探す以外なくなってしまったという。
まぁ実に笑い話ですし、こなたサンから言わせれば、「即買い」が基本ですので、文句は自分に言うしかないんですがね。
今回は3冊確保できましたが、最後の1冊を探すのが大変(笑)。
どこかで(105円くらいで)ポロッと見つかるとは思いますがね。


まぶらほで思い出しましたけど、富士見の小説。いきなり表紙のフルリニューアルをかけてくれまして、現在も続いている小説との整合性が悪いこと悪いこと。←はっきり言うと、『フルメタ』とか前記した『まぶらほ』とか。
背表紙が違うだけならいいんですけど、まだ買ってないものまでリニューアル(下手をすると表紙まで!)されちゃったので困ってます。

『スカイ・クロラ』の時もそうでしたけど、最初に発刊したもののイメージは変えないでもらいたいですね。
せめて併売してくれ。
別に変質的な執着心はないですが、とにかくバランスが悪いんで。←俺だけか?そんな風に考えるのは???


追記を閉じる▲
買ったのは、

・我が庭に響け銃声
・我が館にさまよえ虚像
・我が聖域に開け扉(上)

(以上、『魔術師オーフェンはぐれ旅』長編)
・まぶらほ~凛の巻~
・RAGNAROK EX ~COLD BLOOD[失われた絆]~


です。

ラノベばっかりっていうのは、「趣味だ。諦めろ。」


オーフェン関連を突然買い始めたのは、理由があります。
Wikipediaで何とはなしに調べたら、作家のHPがあることを知ったから。
そこではキャラ名は伏せられているものの、最終巻の後日談が掲載されているのです(2008年10月の日記から)。
それを見ていたら、久々に読みたくなっちゃって。

しかしながら、ここで問題が。
というのは、発売当時は貧乏時代だったため(この本を)後回しにしていたら、現在は書店から姿を消してしまい、古書で探す以外なくなってしまったという。
まぁ実に笑い話ですし、こなたサンから言わせれば、「即買い」が基本ですので、文句は自分に言うしかないんですがね。
今回は3冊確保できましたが、最後の1冊を探すのが大変(笑)。
どこかで(105円くらいで)ポロッと見つかるとは思いますがね。


まぶらほで思い出しましたけど、富士見の小説。いきなり表紙のフルリニューアルをかけてくれまして、現在も続いている小説との整合性が悪いこと悪いこと。←はっきり言うと、『フルメタ』とか前記した『まぶらほ』とか。
背表紙が違うだけならいいんですけど、まだ買ってないものまでリニューアル(下手をすると表紙まで!)されちゃったので困ってます。

『スカイ・クロラ』の時もそうでしたけど、最初に発刊したもののイメージは変えないでもらいたいですね。
せめて併売してくれ。
別に変質的な執着心はないですが、とにかくバランスが悪いんで。←俺だけか?そんな風に考えるのは???

【2008/12/20 18:27】 | 非日常な日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。