日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛蔵版も持っているのですが、それはどうしても読めなかった(分厚すぎて挫折)ので、文庫版をやはり買うことにしました。

『四季』シリーズで唯一『春』だけは愛蔵版の中で読みましたが、結局これはVシリーズを読み終わっていなかったため、今ひとつ印象に残らなかった覚えがあります。
それがちょうど2004年の入院時。
あまりにもやる事がなかったため、親に頼んで購入済だった本を持ってきてもらったのですが、あまりの分厚さと、周囲の環境があまりにも静かに読書というものからかけ離れていたため、早々に断念。
よって今でも『夏』、『秋』、『冬』は未読のままです。

とはいえ、最近は森作品も食傷気味かもしれません。
個人的にですよ?
S&Mシリーズは色々な意味で度肝を抜かれたせいで、今も僕内部の傑作書籍の地位に納まっていますが、Vシリーズ以降はどうもね……。
現在刊行中の、Gシリーズ(文庫版に限り)は3冊目以降がどうしても手につかない有様。
正直、『四季』シリーズも全巻買った所で読破できるかどうか、正直微妙。

でも、とりあえず時系列は自分が考えた通りで間違いなかったのは収穫でした。
VとS&Mを読破した人へのプレゼントとはよく言ったものです。


現在この『春』すら未読なんですが、近いうちに暇を見つけて読もうと思います。
いや、読めたらいいな、程度ですが(苦笑)。

【2009/02/12 21:47】 | 楽しいお買い物 (一般編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。