日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ですが、206乗りとしてこの記事を取り上げておかないわけにはいかないでしょう。

プジョー、207顔の「206+」を発表
「206」復活!? 「プジョー206+」がデビュー

顔は207だけど大きさは206。
世界の人々も、だんだんでかくなる車に対応しきれなくなってきているということだな。うんうん。

ヨーロッパ限定ということですので、今のところ日本に入ってくるかは分かりませんが、僕個人の感想。

「是非国内で売るべし。ただし、単なる206のバージョンアップだけでは物足りないので、何らかのプラスアルファが必要。」

単純に206としてみた場合、207のフェイスに合わない部分が一箇所。
正面から見て左側のエアインテーク(エアコン用)。
何だかあれがちょっとマヌケっぽい。
や、考え方を変えれば、あれが206と207の差異だとも言えるのですが。

あとはエンジンかな~。
やっぱりテンヨンのみの設定ですので、あくまで207と107の間を埋める存在でしかないのが残念。
(どう足掻いてもBセグの主力は207ってことですね)
このフェイスでターボorスーパーチャージャー装着の206でも出してくれると面白いんですが。
エンジンルームの広さのせいで絶対無理ですけど(笑)。


とりあえず、復活してくるということはそれだけ206という車のバリューが高かったということ。
フェイスリフト前のものとはいえ、それに乗っているのだから自分は少しはモノを選ぶ目があったのだなぁ、と自画自賛www。←結局これが書きたかった

【2009/03/02 23:34】 | 非日常な日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。