日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それほど強力な行動を起こすほどではないのですが。
何となくブログもサボり気味でしたので、お茶濁しの意味合いも込めて。


>デジカメ編

フルサイズがどうとか、APS-Cがどうとか言うのは止めようかなと。
レンズ資産が云々になってくると、そのあたりもしっかり考えなくてはいけないのですけどね。
現在使っているのはオリンパス製品。
しかも3年前の機種“E-330”です。

この機種、世界初のライブビュー搭載機ということもありかなりエポックメイキングな代物なんですが、問題は手ブレ補正がないということ。
まぁフィルムで使っているOM-2N/OM-3Tiにしてもそんな上級(?)機能はないので無問題なんですが。
しかし困るのは、暗所での撮影。
内臓フラッシュだとかなり不自然になってしまうし(特に犬の撮影)、ISO感度を上げてもやっぱり限界があります。
晴天のもと使うのでしたら、他の会社の機種に大敗はしないと思うのですが。

せっかく念願の竹グレードレンズも買ったのに、イマイチ撮影から逃げてしまってます。
残るは借金ばかりなり。
仕事の行き帰りにでもどこか撮影をする習慣をつければ、人生も潤うかな?
(ちょっと泣き言。最近このまま僕は枯れ果てるんだろうな、と漠然とした想いが強くなって来てます。今日をいかにやりすごすか、とか、一生結婚できないだろう、とかネガティブな発想に常にたどり着いてしまうんですよ~。本を読むたびに思います。「あの時別の選択肢を選んでいたなら」と。覆水盆に還らずなのは分かってますけどね。)

まぁそれはそれとして。
標準ズームはZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ。
SWD付きの12-60を選ばなかったのは、開放F値と値段。
14-54の初代機はかなりの傑作レンズであったこと、そして2代目もそのDNAを受け継いでいるという話だったから。
あとはオンラインショップで結構な金額を割り引けたというのもでかいです。

でもいつも広角側か50mmでの撮影ばかり。
折角のズーム機能を活かしきれていないと言うのが実態ですね。
人の心を打つような作品までは求めてませんが、自分が「いいな」と思うような作品は撮ってみたいです。いやマジで。

【2009/03/30 00:23】 | 戯言
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。