日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日開催した宴会(幹事:僕)ですが、デジカメを持っていくのを忘れてしまいました。

別に写真担当も引き受けていたわけではありませんが、やっぱり光画部員としてはカメラは必須かと。
仕方ないので、行きのコンビニで「写ルンです」を超久しぶりに購入しました。

部屋の中で撮るから、ISOは高め。フラッシュ付きも必要かということで、「1600 Hi・Speed」を選んでみました。
今日現像には出してくるつもりですが、久しぶりに弄った写ルンですの印象は、とにかくシャッターを気楽に押せる。この一言に尽きます。
実際一眼レフのフィルムカメラにはまっていた自分にとっては、衝撃と感動すら覚えました。
あの何も考えずに押せるシャッターは何物にも変えがたいですね。
本格的な作品を、と考えるとどうしても力不足ですが、1000円程度の商品で逆にできることもあるんじゃないか、と想像力が高まりますね。

もう少し研究してみるのも面白いかもしれません。

【2009/05/30 00:18】 | 非日常な日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。