日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ到着してないので、内容については分からないのですが。
本日本屋に行ったら、文庫版の『邪魅の雫』が出ておりましたので、とりあえず査収……、はしないで家に帰りました。
ネット通販で送料無料のところで買えばポイントも付くし、すぐ読みたい本でもないのでいつ到着しても大丈夫なように。

さて、こちらも分冊文庫版が出ておりますが、もちろんそちらはスルーです。
それは、京極作品で楽しみにしている表紙の妖怪の立体物を見るのが楽しみだから。
こう見えても(どう見えて?)昔っから妖怪とかの神秘に興味津々だったのです。
そういうわけで、こういった表紙は凄く気になるんですよね~。
分冊文庫版は、反対に読みやすいサイズだけど、ちょっとイメージが変わっちゃうので避けております。
おそらくトータルの値段は1冊にまとまってる方が安いんじゃないか?といった事情もあります(苦笑)。

しかし、1400円か~。
いくら分厚くても、まともな人間が読む分量でないのだけは確か。
余程の活字中毒者でもない限り、こんな分厚い本は嬉々としては買えませんよ。
『境界線上のホライゾン』も負けずに分厚いですが、こちらは至って勢いだけで読んでいい本。
比較するにはちょっと土俵が違うし。
いずれにしても、楽しみなのは楽しみなんですがね。

【2009/06/29 00:12】 | 楽しいお買い物 (一般編)
トラックバック(0) |

ぶあつい。。。
おぎみほ
私も本屋で見かけて手を伸ばしかけたのですが・・
あまりのぶっとさに尻込みしちゃいました(;・∀・)
京極作品ですから別に特別なことではないのですが・・・。

でもゆっくり小説読めるのも今のうちなので
やっぱり読もうかなぁ・・・。と思いつつ実行できますことやら・・(゚ー゚;)

No title
akiho
読みました。
えっと犯人は、死の概念が違う伯爵・・・って違うやつか!


おぎみほさん
なお
お久しぶり。
あっちのmixiには顔を出してないんですが、別に「なお@影狼(もしくはなお@SHADOW WOLF)」名義で出てます。最近はもっぱらソッチがメインですので、気が向いたら探してみてください。

さて、京極先生。
毎年9月が文庫発売と思っていたので、今回は若干外しました。
明日か明後日には届くはずですので、気が向いたらパラパラと行きたい所です。

体調はどうでしょうか?
(mixi日記を)読んでないんで、詳しくは不明なんですが、順調ならばそれに越したことは無いと思います。
がんばれ、お母さん!

akihoさん
なお
やっべ、盛大なネタバレがっ!(嘘

それは『陰摩羅鬼の瑕』のほうですやん。
あの作品はまぁまぁでした。変なひねりがなかったので。

技巧に頼りすぎると、物事の本質は見えなくなってしまう。
本に関わらず、芸術性の作品は何でもそうですね。

僕もまっすぐストレートの3本勝負で生きて行きたいものです。
(何故か投げる球が全てピッチャー返しっていうメにあってますけど……)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ぶあつい。。。
私も本屋で見かけて手を伸ばしかけたのですが・・
あまりのぶっとさに尻込みしちゃいました(;・∀・)
京極作品ですから別に特別なことではないのですが・・・。

でもゆっくり小説読めるのも今のうちなので
やっぱり読もうかなぁ・・・。と思いつつ実行できますことやら・・(゚ー゚;)
2009/06/29(Mon) 01:20 | URL  | おぎみほ #ewBAb9yg[ 編集]
No title
読みました。
えっと犯人は、死の概念が違う伯爵・・・って違うやつか!
2009/06/29(Mon) 20:56 | URL  | akiho #crhBSOXU[ 編集]
おぎみほさん
お久しぶり。
あっちのmixiには顔を出してないんですが、別に「なお@影狼(もしくはなお@SHADOW WOLF)」名義で出てます。最近はもっぱらソッチがメインですので、気が向いたら探してみてください。

さて、京極先生。
毎年9月が文庫発売と思っていたので、今回は若干外しました。
明日か明後日には届くはずですので、気が向いたらパラパラと行きたい所です。

体調はどうでしょうか?
(mixi日記を)読んでないんで、詳しくは不明なんですが、順調ならばそれに越したことは無いと思います。
がんばれ、お母さん!
2009/06/29(Mon) 23:22 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
akihoさん
やっべ、盛大なネタバレがっ!(嘘

それは『陰摩羅鬼の瑕』のほうですやん。
あの作品はまぁまぁでした。変なひねりがなかったので。

技巧に頼りすぎると、物事の本質は見えなくなってしまう。
本に関わらず、芸術性の作品は何でもそうですね。

僕もまっすぐストレートの3本勝負で生きて行きたいものです。
(何故か投げる球が全てピッチャー返しっていうメにあってますけど……)
2009/06/29(Mon) 23:28 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。