日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載打ち切りの憂き目にあってしまった『武装錬金』。
普通に「少年漫画」をしている作品だと思ったんですが、どうも一般受けしなかった模様で…。

表紙は「武藤カズキ&津村斗貴子」

内容は別冊「赤丸ジャンプ」にて掲載された最終話「ピリオド」、そして描き下ろしとなる「アフター」(あと武装錬金ではない描き下ろし作品)。

私はピリオドに関しては立ち読み(笑)をしていないのですが、結構好意的にラストは受け止められていたようですので、今回の単行本化は楽しみでした。

あとがきを読む限りでは、和月氏の少年誌作品はこれでラストになるかもしれないような感じを受けました。←実際、武装錬金じゃないほうの描き下ろし作品は、描き方によってはかなり暗いストーリーになりそうでしたし。絵柄のせいでそんなに暗い話には感じませんでしたが。
青年誌で連載が始まったなら、それはそれで楽しみです。色々と制約も外れるでしょうしね。

【2006/04/12 20:30】 | 楽しいお買い物 (逸般編)
トラックバック(0) |


say*3
<るろ剣>の後半も、よく少年誌でやってたモンだ、てな気はしてましたが。

ダークな面、今のお子さまたちには免疫がないのでしょうねぇ・・・。

say*3さん
なお
「少年誌」としている割に、結構ヤバめのシーンが最近のマンガでは多いですよね(バイオレンスなもの、性的なもの、いずれもですが)。
『デスノート』なんて今度映画化されますけど、あれもマイナー系雑誌で連載されるんだったらまだしも、「ジャンプ」作品としてはどうなのかな~、と思います。

こういう作品が当たり前のように出ているから、子供が人の命を軽んじるようになってしまうのでしょうか?(それを信じたくはないですが…)

『剣心』は途中までは見てたんですが、ラストがどうなったかまではよく覚えてなかったりします(笑)。
あとで(古書店)でよんでこよう。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
<るろ剣>の後半も、よく少年誌でやってたモンだ、てな気はしてましたが。

ダークな面、今のお子さまたちには免疫がないのでしょうねぇ・・・。
2006/04/29(Sat) 23:21 | URL  | say*3 #aYDccP8M[ 編集]
say*3さん
「少年誌」としている割に、結構ヤバめのシーンが最近のマンガでは多いですよね(バイオレンスなもの、性的なもの、いずれもですが)。
『デスノート』なんて今度映画化されますけど、あれもマイナー系雑誌で連載されるんだったらまだしも、「ジャンプ」作品としてはどうなのかな~、と思います。

こういう作品が当たり前のように出ているから、子供が人の命を軽んじるようになってしまうのでしょうか?(それを信じたくはないですが…)

『剣心』は途中までは見てたんですが、ラストがどうなったかまではよく覚えてなかったりします(笑)。
あとで(古書店)でよんでこよう。
2006/04/30(Sun) 12:20 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。