日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ以来、久々のオールターマックラリー。

場所はフランス、コルシカ島。SSの数が他のラリーに比べて少ないというのも特徴の一つと思われます。

最終リザルトです。

1位 :S.ロ-ブ(シトロエン)
2位 :T.ガルデマイスター(フォード)
3位 :P.ソルベルグ(スバル)
4位 :S.サラザン(スバル)
5位 :R.クレスタ(フォード)
6位 :A.ベンゲ(シュコダ)
7位 :X.ポンス(シトロエン)
8位 :N.ベルナルディ(プジョー)
9位 :G.ガリ(三菱)
10位:H.ロバンペラ(三菱)

でした。

今回プジョーは何が厳しかったかといえば、

・今季残り全戦マルティンがラリーに出場しないということを決めたこと
・ツール・ド・コルス早々のグロンホルムのリタイアによるポイントの取りそこね

ですかね?

確かにドライバーズタイトルはローブのものになってしまいましたが、マニュファクチャラーズタイトルに関してはまだ少しの望みがあるだけに、ポイントがほとんど取れなかった今回のラリーは本当に痛いですね(セカンドがある程度のポイントを稼がないと、マニュファクチャラーズタイトルはどんどん遠ざかっていくでしょうし)。

さてさてそのローブ。
予想していたとおりターマックラリーではぶっちぎりの強さを誇っております。フランス人はターマックラリーに強いという先例どおりですが、ここまで他者に差をつけてしまうと興ざめすら感じてしまいます(苦笑)。
次戦の『スペイン・カタルニア』もターマック。ローブがさらに勝ちを重ねることになるのは想像に難くないですね。

ソルベルグはどうにもピリッとしてきません。ピレリタイヤがターマックではミシュランに劣ることを考えれば3位は上々なんでしょうが、最近は光る走りを最後まで見られないのが残念(日本でも脇の林に飛んでいっちゃいましたし…)。

逆にここに来てガルデマイスターが地味ながらも上位に顔を出しました。
来季はグロンホルムがフォードで走るため、ガルデマイスターの現在のエースの座はほぼ確実に奪われるでしょう。
ここで光る走りを見せて、フォード上層部に自分の価値を認めさせたいところなんでしょうね。次戦もこの調子で頼みますよ!


次戦第15戦『スペイン・カタルニアラリー』は、10月28~30日。


追記を閉じる▲
今回プジョーは何が厳しかったかといえば、

・今季残り全戦マルティンがラリーに出場しないということを決めたこと
・ツール・ド・コルス早々のグロンホルムのリタイアによるポイントの取りそこね

ですかね?

確かにドライバーズタイトルはローブのものになってしまいましたが、マニュファクチャラーズタイトルに関してはまだ少しの望みがあるだけに、ポイントがほとんど取れなかった今回のラリーは本当に痛いですね(セカンドがある程度のポイントを稼がないと、マニュファクチャラーズタイトルはどんどん遠ざかっていくでしょうし)。

さてさてそのローブ。
予想していたとおりターマックラリーではぶっちぎりの強さを誇っております。フランス人はターマックラリーに強いという先例どおりですが、ここまで他者に差をつけてしまうと興ざめすら感じてしまいます(苦笑)。
次戦の『スペイン・カタルニア』もターマック。ローブがさらに勝ちを重ねることになるのは想像に難くないですね。

ソルベルグはどうにもピリッとしてきません。ピレリタイヤがターマックではミシュランに劣ることを考えれば3位は上々なんでしょうが、最近は光る走りを最後まで見られないのが残念(日本でも脇の林に飛んでいっちゃいましたし…)。

逆にここに来てガルデマイスターが地味ながらも上位に顔を出しました。
来季はグロンホルムがフォードで走るため、ガルデマイスターの現在のエースの座はほぼ確実に奪われるでしょう。
ここで光る走りを見せて、フォード上層部に自分の価値を認めさせたいところなんでしょうね。次戦もこの調子で頼みますよ!


次戦第15戦『スペイン・カタルニアラリー』は、10月28~30日。

【2005/10/23 23:00】 | WRC
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。