日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそらくは10人中9人、もしくは10人全てが引くであろうお話。
これが表に出るようになったら、相当壊れていると思ってくださいませw(おそらく下書きのみで1ヶ月以上封印されているでしょう)。

※かなり馬鹿げた話なので、見ない方が幸せかも?
 ここから先は自己責任でお願いします。
「clayz」という模型メーカー(と言っていいのでしょうか?)があります。ここでは俗に言うガレージキットの製作・販売を行っています。

私のことを昔から知っている(数少ない)友人は、当然私が模型好きであることも知っています(昔、模型店でバイトもしていました)。
以前は「ロボ」オンリーでしたが、現在は「立体物として素晴らしいものであればなんでも」という方向性に変わってきました(はっきり言ってしまえば、女の子のフィギュアも買うよ、ってことですw)。

で、原型師に「宮川武」氏という方がいらっしゃいます。この方の作る(ゲーム関係の)女の子のフィギュアはかなり好きですね。←単に自分の好きなゲームキャラを立体化しているというということもありますが。
しかし私も「買う」と言う行為についてはまだ少し抵抗があるので、滅多なことでは「美少女系フィギュア」というものには手を出していませんw。


で、ここからが本題。
私が気に入ったゲームの一つに『月は東に日は西に』というPCゲームがあります。そのゲームのヒロインキャラクターの一人である「藤枝保奈美」というキャラを私は大変気に入っているのです(理由は私の好みの設定のキャラクターだから。しかし母親からは「飯○愛」に見えるといわれる始末…orz。)。

好きなキャラクターの立体物が欲しいと思うのは、モデラーとしてのサガw。しかしこれまでのところ(自分にとっての)決定版と思えるものがなかったのもまた事実。
イベントに行って個人サークルで探すのも一つの手段ではありますが、そこまでするような時間も取れないため半ば諦めていました。

しかし見つけてしまったのですよ、某模型雑誌で。
それが今回の宮川氏が作成したフィギュア。自分的には決定版と言える物でした。
ただこれもイベント限定販売だったため、残念ながら手に入れることはできませんでした(涙)←そもそも存在を知ったのも、イベントのアフターレポートでしたから。

それが今回、PVC完成品とはいえ一般発売されます。
「もしかしたら…」という希望は捨てていなかったものの、いざ実現となると喜びを隠し切れませんw。←実際このテキストも喜びと勢いだけで書いています。

追加情報はこれから発表されると思いますので、まずは12月に向けてお金を確保しておくことを始めましょうか(ニヤリ)。


追記を閉じる▲
「clayz」という模型メーカー(と言っていいのでしょうか?)があります。ここでは俗に言うガレージキットの製作・販売を行っています。

私のことを昔から知っている(数少ない)友人は、当然私が模型好きであることも知っています(昔、模型店でバイトもしていました)。
以前は「ロボ」オンリーでしたが、現在は「立体物として素晴らしいものであればなんでも」という方向性に変わってきました(はっきり言ってしまえば、女の子のフィギュアも買うよ、ってことですw)。

で、原型師に「宮川武」氏という方がいらっしゃいます。この方の作る(ゲーム関係の)女の子のフィギュアはかなり好きですね。←単に自分の好きなゲームキャラを立体化しているというということもありますが。
しかし私も「買う」と言う行為についてはまだ少し抵抗があるので、滅多なことでは「美少女系フィギュア」というものには手を出していませんw。


で、ここからが本題。
私が気に入ったゲームの一つに『月は東に日は西に』というPCゲームがあります。そのゲームのヒロインキャラクターの一人である「藤枝保奈美」というキャラを私は大変気に入っているのです(理由は私の好みの設定のキャラクターだから。しかし母親からは「飯○愛」に見えるといわれる始末…orz。)。

好きなキャラクターの立体物が欲しいと思うのは、モデラーとしてのサガw。しかしこれまでのところ(自分にとっての)決定版と思えるものがなかったのもまた事実。
イベントに行って個人サークルで探すのも一つの手段ではありますが、そこまでするような時間も取れないため半ば諦めていました。

しかし見つけてしまったのですよ、某模型雑誌で。
それが今回の宮川氏が作成したフィギュア。自分的には決定版と言える物でした。
ただこれもイベント限定販売だったため、残念ながら手に入れることはできませんでした(涙)←そもそも存在を知ったのも、イベントのアフターレポートでしたから。

それが今回、PVC完成品とはいえ一般発売されます。
「もしかしたら…」という希望は捨てていなかったものの、いざ実現となると喜びを隠し切れませんw。←実際このテキストも喜びと勢いだけで書いています。

追加情報はこれから発表されると思いますので、まずは12月に向けてお金を確保しておくことを始めましょうか(ニヤリ)。

【2005/10/15 00:00】 | 現代視覚文化
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。