日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日に録画に失敗した「WRC 2007 THE RALLY」の第3戦ダイジェスト(再放送です)を昨日録画に成功。
ようやくミッコ・ヒルボネンの勝利の映像を見ることに成功しました(大げさですね)。

ノルウェーは結構天候が良くなかったようで、曇り空であったり、雪の中をWRカーが走っているような状況。
晴れ間はほとんど無しに等しかったようですね。

映像を見ていて感じたのは、今回はローブにどうも精彩がなかったことでしょうか。
早かったり遅かったり。
いつもの安定的な速さが今回は見られなかった事が敗因でしょうか?

グロンホルムも今回はヒルボネンに抑えられてしまった感じ。
決してミスをしていたわけじゃないんですがねぇ。
それだけヒルボネンのスピードが際立っていたってことでしょうが。

ぺター&ヘニングのソルベルグBros。
いやいや、この2人はいいバトルを終盤に魅せてくれましたね。
ただ残念なのは、「インプレッサWRC2006」の有終の美が飾れなかったことでしょう。
今回は4位で満足してしまったようですが、次戦以降は上り調子だった頃のように、派手なパフォーマンスを見せて貰いたいですね。←要はポディウムの頂点を狙って欲しいってことです。
ヘニングもようやく陽が当たる様になってきたので、この機を逃さず「ペターの兄」という定冠詞を外せるよう奮起してもらいたいですね(笑)。

そして今回の覇者、ヒルボネン。
彼のスピードは今回は文句のつけようがありませんでした。
意外な伏兵が現れたと言ってもいいですが、グロンホルムも今回ヒルボネンのスピードを認めていたので、これはやはり本物なのか?←前回の感想で「まだまだ常勝集団には入れないだろう」なんて勝手な予想を書いちゃったので(苦笑)。
彼自身のインタビューにもかなりの自信がみなぎってきてましたし、フォードのチーム的には頼もしいでしょう。
(反対にシトロエン、スバルは脅威でしょうね。今の所どちらのセカンドドライバーもヒルボネンほどは安定してないですから…。)

しかし、次戦以降のバトルにまた楽しみな要素が増えましたね。
もっともっと接戦を繰り広げて欲しいですよね(^^)v。


追記を閉じる▲
映像を見ていて感じたのは、今回はローブにどうも精彩がなかったことでしょうか。
早かったり遅かったり。
いつもの安定的な速さが今回は見られなかった事が敗因でしょうか?

グロンホルムも今回はヒルボネンに抑えられてしまった感じ。
決してミスをしていたわけじゃないんですがねぇ。
それだけヒルボネンのスピードが際立っていたってことでしょうが。

ぺター&ヘニングのソルベルグBros。
いやいや、この2人はいいバトルを終盤に魅せてくれましたね。
ただ残念なのは、「インプレッサWRC2006」の有終の美が飾れなかったことでしょう。
今回は4位で満足してしまったようですが、次戦以降は上り調子だった頃のように、派手なパフォーマンスを見せて貰いたいですね。←要はポディウムの頂点を狙って欲しいってことです。
ヘニングもようやく陽が当たる様になってきたので、この機を逃さず「ペターの兄」という定冠詞を外せるよう奮起してもらいたいですね(笑)。

そして今回の覇者、ヒルボネン。
彼のスピードは今回は文句のつけようがありませんでした。
意外な伏兵が現れたと言ってもいいですが、グロンホルムも今回ヒルボネンのスピードを認めていたので、これはやはり本物なのか?←前回の感想で「まだまだ常勝集団には入れないだろう」なんて勝手な予想を書いちゃったので(苦笑)。
彼自身のインタビューにもかなりの自信がみなぎってきてましたし、フォードのチーム的には頼もしいでしょう。
(反対にシトロエン、スバルは脅威でしょうね。今の所どちらのセカンドドライバーもヒルボネンほどは安定してないですから…。)

しかし、次戦以降のバトルにまた楽しみな要素が増えましたね。
もっともっと接戦を繰り広げて欲しいですよね(^^)v。

【2007/02/25 22:05】 | WRC
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。