日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、大方の予想通りミーアがお亡くなりになってしまいました。

来週はまた総集編?ヲイヲイもう尺が足りないよ…。

アークエンジェルが「月面都市コペルニクス」に入港。
特に説明は無かったですが、ここは中立都市(その呼び方が妥当かはともかく)ですか?アークエンジェルも地球じゃあれだけの騒ぎを起こしながら問題なく入港させていたようですし。←それともオーブ軍に正式に組み込まれたことで、それまでの未確認艦扱いではなくなったか…。

そして艦内ではアスラン、キラの会話が…。
確かにあのインパルスとのバトルで旧フリーダムが完全敗北させられたのは視聴者としては納得しがたいです。キラの方がコーディネーターとしては上の能力があるはずだし、フリーダムとインパルスの性能差だって…。
あの時点ではザフトを完全な敵と見なしていなかったこと、必要なのはアークエンジェルとカガリのオーブ帰還であったというのが全力でなかった理由。これがキラの口から語られましたが、今更これを言うとはよっぽど視聴者からの突っ込みが多かったのかと邪推してしまいます。

情報収集だと思ったら、若者たちは羽を伸ばしに街へ出発(えー)。なんだかラクスのご機嫌取りのようにも見えましたが…。
この状況にアスランが呆れかえるのも無理はないですね。敵の勢力圏内でのんびり買い物を楽しんでるんですから。だけどそれを強硬に止める事が出来ないのもまたアスランならでは(笑)。この人は常識人すぎて貧乏くじを引かされるタイプですから。

その証拠にみえみえの罠に飛び込みに行くラクスを止める事が出来ないアスランw。いや、彼女のキラとアスラン(ついでにメイリン)がいるから大丈夫っていう論理もどうかと…。
武装だって3人分のハンドガンだけだったし、敵が完全武装、圧倒的多数の待ち伏せだったら絶対仕留められるっていうのにね。

実際その後は「ラクス狙撃失敗→銃撃戦」になったわけですが、その中でもアスラン大活躍ですね(尻拭いをさせられてるだけのような気もしますがw)。
あのメンバーの中では白兵においても最も実践慣れしているので当然でしょうが、動きが尋常じゃないw。キラとメイリンは壁に隠れて撃ち返すのがせいぜいだったし。さすが元・ザフトの赤服です。

その後にアカツキでネオ登場。戦闘には間に合いませんでしたが。(←やっぱりマリューと風呂に入ってたから?w)
それよりも都市内をMSで飛び回ったら問題なような気もするのですが、よく許可が下りたな…。

Ζガンダムでもシャアの百式がコロニー内でハイザック2機と戦闘になりそれが色々問題となったシーンがありましたけど、SEED世界でも今回アカツキがライフルでも撃ってた日には問題になるでしょうねぇ…。

最後は「手榴弾の爆発に巻き込まれながらも死んでいなかった秘書様がラクスを銃撃→ラクスをミーアがかばい死亡」という結末に。
アスランもキラも、MSにラクスを乗せる前に周囲の索敵をしなかったのが失敗の元。こういうところは何というか詰めが甘いんですよね~。物語の都合上だから別にいいんですけど。

しかし本当にどういう結末になるんだ?
前作みたいに議長が倒れればすむっていう状況じゃ今回はないわけですし…。


追記を閉じる▲
アークエンジェルが「月面都市コペルニクス」に入港。
特に説明は無かったですが、ここは中立都市(その呼び方が妥当かはともかく)ですか?アークエンジェルも地球じゃあれだけの騒ぎを起こしながら問題なく入港させていたようですし。←それともオーブ軍に正式に組み込まれたことで、それまでの未確認艦扱いではなくなったか…。

そして艦内ではアスラン、キラの会話が…。
確かにあのインパルスとのバトルで旧フリーダムが完全敗北させられたのは視聴者としては納得しがたいです。キラの方がコーディネーターとしては上の能力があるはずだし、フリーダムとインパルスの性能差だって…。
あの時点ではザフトを完全な敵と見なしていなかったこと、必要なのはアークエンジェルとカガリのオーブ帰還であったというのが全力でなかった理由。これがキラの口から語られましたが、今更これを言うとはよっぽど視聴者からの突っ込みが多かったのかと邪推してしまいます。

情報収集だと思ったら、若者たちは羽を伸ばしに街へ出発(えー)。なんだかラクスのご機嫌取りのようにも見えましたが…。
この状況にアスランが呆れかえるのも無理はないですね。敵の勢力圏内でのんびり買い物を楽しんでるんですから。だけどそれを強硬に止める事が出来ないのもまたアスランならでは(笑)。この人は常識人すぎて貧乏くじを引かされるタイプですから。

その証拠にみえみえの罠に飛び込みに行くラクスを止める事が出来ないアスランw。いや、彼女のキラとアスラン(ついでにメイリン)がいるから大丈夫っていう論理もどうかと…。
武装だって3人分のハンドガンだけだったし、敵が完全武装、圧倒的多数の待ち伏せだったら絶対仕留められるっていうのにね。

実際その後は「ラクス狙撃失敗→銃撃戦」になったわけですが、その中でもアスラン大活躍ですね(尻拭いをさせられてるだけのような気もしますがw)。
あのメンバーの中では白兵においても最も実践慣れしているので当然でしょうが、動きが尋常じゃないw。キラとメイリンは壁に隠れて撃ち返すのがせいぜいだったし。さすが元・ザフトの赤服です。

その後にアカツキでネオ登場。戦闘には間に合いませんでしたが。(←やっぱりマリューと風呂に入ってたから?w)
それよりも都市内をMSで飛び回ったら問題なような気もするのですが、よく許可が下りたな…。

Ζガンダムでもシャアの百式がコロニー内でハイザック2機と戦闘になりそれが色々問題となったシーンがありましたけど、SEED世界でも今回アカツキがライフルでも撃ってた日には問題になるでしょうねぇ…。

最後は「手榴弾の爆発に巻き込まれながらも死んでいなかった秘書様がラクスを銃撃→ラクスをミーアがかばい死亡」という結末に。
アスランもキラも、MSにラクスを乗せる前に周囲の索敵をしなかったのが失敗の元。こういうところは何というか詰めが甘いんですよね~。物語の都合上だから別にいいんですけど。

しかし本当にどういう結末になるんだ?
前作みたいに議長が倒れればすむっていう状況じゃ今回はないわけですし…。

【2005/09/04 16:07】 | 現代視覚文化
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。