日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ファイブスター物語』の副読本のようなものです。

こういったキャラクターやメカデザイン関係は普通「TOYS PRESS」発行の『CHARACTERS』等において発表されるものが多いのですが、今回は角川書店から出版されました。
とはいえ、全く新規の発表ではないから角川書店から出ているのでしょうけどね(苦笑)。

原作者の「永野護」氏は「デザイナー」さんなので、前述した『CHARACTERS』などの設定資料集のようなものは値段がとても高いです。
はっきり言って、普通の人はこれらの本は買いませんね。買う人っていうのは思いつく限り、

・コアなファン(もはや信者ともいえる)
・モデラー


などある意味特殊な人たちです。
私もそれに含まれますか(苦笑)。
ここからは私的な話。

こんな風にFSSの設定集を買ったりして散財を繰り返す私ですが、実は「あんまり設定が厚すぎるのも好きではない」、というとても矛盾した性質を持っています。

私が認識し始めたのは『新世紀エヴァンゲリオン』あたりからですか?
とにかく設定や伏線といったものが作品内に色々ちりばめられるようになり、「謎が謎を呼ぶ」みたいな形式になっていったのは。
もちろんそれはそれでいいと思うのです。実際『エヴァ』はそれで人気が出たような作品ですから。ただその後も同じような作品が乱立して、かなり食傷気味になった覚えがあります(そういう方も中にはいるのでは?)。

それ以来私はとにかく「設定偏重」というものがあまり好きではなくなりました。
それにだけとらわれていると、肝心の話が面白くなくなっていくんですよ。話を楽しみたいのに、設定がまず第一になっていくのですからね(「この状況は設定集でこうなっていたから、こうに違いない」というのが延々続くんですよ?)。
友人は「そういった設定を繋ぎ合わせて表にでていない空白部を埋めていくのが楽しい」と言っていましたが、私はちょっとね…。

私は設定はスパイスに過ぎないと思ってます。
「知っていればより美味しくいただけるけど、知らなくても普通に食べられるよ」、という物でなくてはならないんです。
「作品があって、そのおまけで設定集」というのならいいのですが、「設定集がまずありき」だと本当に萎えます。想像することで生まれる、「自分なりの解釈」がなくなってしまうような気がするからです。←「この答以外は誤り」って決められてしまっている気がして…。

設定集が好きな方には設定集自体を否定しているようで腹立たしい話だったでしょうが、申し訳ない。でも私も設定集を揃えるのは好きなんですよ?
ただ、たまには設定も何も無視して、自分が思ったようにその世界観を想像・解釈してみるのも楽しいのではないでしょうか?


追記を閉じる▲
ここからは私的な話。

こんな風にFSSの設定集を買ったりして散財を繰り返す私ですが、実は「あんまり設定が厚すぎるのも好きではない」、というとても矛盾した性質を持っています。

私が認識し始めたのは『新世紀エヴァンゲリオン』あたりからですか?
とにかく設定や伏線といったものが作品内に色々ちりばめられるようになり、「謎が謎を呼ぶ」みたいな形式になっていったのは。
もちろんそれはそれでいいと思うのです。実際『エヴァ』はそれで人気が出たような作品ですから。ただその後も同じような作品が乱立して、かなり食傷気味になった覚えがあります(そういう方も中にはいるのでは?)。

それ以来私はとにかく「設定偏重」というものがあまり好きではなくなりました。
それにだけとらわれていると、肝心の話が面白くなくなっていくんですよ。話を楽しみたいのに、設定がまず第一になっていくのですからね(「この状況は設定集でこうなっていたから、こうに違いない」というのが延々続くんですよ?)。
友人は「そういった設定を繋ぎ合わせて表にでていない空白部を埋めていくのが楽しい」と言っていましたが、私はちょっとね…。

私は設定はスパイスに過ぎないと思ってます。
「知っていればより美味しくいただけるけど、知らなくても普通に食べられるよ」、という物でなくてはならないんです。
「作品があって、そのおまけで設定集」というのならいいのですが、「設定集がまずありき」だと本当に萎えます。想像することで生まれる、「自分なりの解釈」がなくなってしまうような気がするからです。←「この答以外は誤り」って決められてしまっている気がして…。

設定集が好きな方には設定集自体を否定しているようで腹立たしい話だったでしょうが、申し訳ない。でも私も設定集を揃えるのは好きなんですよ?
ただ、たまには設定も何も無視して、自分が思ったようにその世界観を想像・解釈してみるのも楽しいのではないでしょうか?

【2005/10/03 23:00】 | 楽しいお買い物 (逸般編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。