日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局買い戻すことになりました。
『究極超人あ~る』、文庫版です。
ワイド版を手放したのは、一生の不覚ともいえるような気もします。
いや、買い戻せばいいだけの話ですけど(笑)。

中学生の時に『機動警察パトレイバー』の作者、「ゆうきまさみ」氏が以前に描いていた作品ということだけで買った作品でした。
しかしながら、これが見事にツボにはまってしまい、ワイド版全4巻を発売日に購入するようになるほどでした。

その後、就職を機に『脱ヲタ』を目論み、これらの書籍を全て二束三文で売り払ってしまいました。
いやぁ、今考えたら何てもったいないことをしたことやら。
(結局戻ることになったんだから、売るなんてしなければ良かったのに…。典型的な脱ヲタ失敗→さらに進化(退化?)という循環にw)

1巻ということで、やはり顔がどのキャラもちょっと違いますね。
「あーるってこんな顔だったっけ?」
って思いますもの。←これは、どの漫画作品でも言えるんですけどね。

久しぶりに読みましたが、ネタ的にはやはり昭和の懐かしいテイストに溢れていることには変わりありません(これって昭和60年の作品ですものねぇ…)。
漫画を読んでいて、この頃が一番良かった時代だったんじゃないか?なんて思ってしまいます。

今ほど人が殺伐としていない、(問題は知らないだけで色々あったかもしれませんが、)少なくとも人間関係に関してはドライではなかったんじゃないかなぁ…。
ま、今の僕はドライに人と付き合うことを良しとしている向きがあるので、そんな僕には意見する資格はないのですが。

それでもやっぱり『あ~る』はお勧めですよ。
知る人ぞ知る、音楽集(サントラ/イメージアルバム)も珠玉の作品がありますので、機会があれば聴いてみるのも良いかと思います。


追記を閉じる▲
1巻ということで、やはり顔がどのキャラもちょっと違いますね。
「あーるってこんな顔だったっけ?」
って思いますもの。←これは、どの漫画作品でも言えるんですけどね。

久しぶりに読みましたが、ネタ的にはやはり昭和の懐かしいテイストに溢れていることには変わりありません(これって昭和60年の作品ですものねぇ…)。
漫画を読んでいて、この頃が一番良かった時代だったんじゃないか?なんて思ってしまいます。

今ほど人が殺伐としていない、(問題は知らないだけで色々あったかもしれませんが、)少なくとも人間関係に関してはドライではなかったんじゃないかなぁ…。
ま、今の僕はドライに人と付き合うことを良しとしている向きがあるので、そんな僕には意見する資格はないのですが。

それでもやっぱり『あ~る』はお勧めですよ。
知る人ぞ知る、音楽集(サントラ/イメージアルバム)も珠玉の作品がありますので、機会があれば聴いてみるのも良いかと思います。

【2007/07/16 21:46】 | 楽しいお買い物 (逸般編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。