日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面つながりでもう1本。←この作品にも「鉄仮面」キャラが出ますしw。
さらに時代は遡り、1991年の作品を今更レンタル。

大体の内容は知っていたものの、実際には見てなかったんですよね~。

しかしこの作品はいろんな所がぶつ切りになっているので、分かりづらい作品です。
いきなり敵の士官が寝返っていたりとか、描写がないんだもの。
やっぱりテレビシリーズでやっておいて欲しかった…。


この作品に関しては、かえって(富野)御大の書いた小説版を見てからの方がすんなり入っていけるかもしれませぬ。
91年当時、フェイスガードがオープンになるという設定(実物)を見て、あまりのひどさにがっかりした覚えがありましたが、今となってはあまり気になりませんね。
「質量を伴う残像」という言葉は、今聞くと何故か新鮮。

ちなみに昔の「第四次スーパーロボット大戦」では、ヴェスバーの攻撃力の高さと、気力ゲージが一定値を超えると攻撃回避の「分身」機能の発動があり、ガンダム系ユニットの中では非常に使い勝手の良い機体でありました。

(一応)続編の『機動戦士クロスボーン・ガンダム』も手に取ってみようかな?

【2007/07/28 15:10】 | 現代視覚文化
トラックバック(0) |

クロスボーン・ガンダム
CLEF
あの絵について行ければいいのですが…

CLEFさん
なお
まぁ、キャラクターについてのあの絵柄は…(コメント不能)。

でも気にしなければ、なかなかの良作という話も聞き及んでますので。

最初はまんま「額にスカルマーク」&「背部推進ユニットのクロスボーンシルエット」な機体に眩暈を起こしましたが、続編がいくつもかかれるところを見ると、それなりに人気があるものと理解できます。
(一応UC時代のストーリーですからね)

気が向いたら購入に走ろうと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
クロスボーン・ガンダム
あの絵について行ければいいのですが…
2007/08/01(Wed) 21:23 | URL  | CLEF #mQop/nM.[ 編集]
CLEFさん
まぁ、キャラクターについてのあの絵柄は…(コメント不能)。

でも気にしなければ、なかなかの良作という話も聞き及んでますので。

最初はまんま「額にスカルマーク」&「背部推進ユニットのクロスボーンシルエット」な機体に眩暈を起こしましたが、続編がいくつもかかれるところを見ると、それなりに人気があるものと理解できます。
(一応UC時代のストーリーですからね)

気が向いたら購入に走ろうと思います。
2007/08/01(Wed) 23:02 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。