日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●は好きな言葉を。

ネタとしては2つかな。
どっちもWRCだし。

・M.グロンホルムが今季で引退
・C.マクレー、ヘリコプター事故で逝去

の2点。

グロンホルム引退は前々から囁かれていた事実ですので、それほど驚きはなかったりしてます。
サインツが身を引いたときと同じで、(周囲からの評価が)駄目になる前に退くというのはある意味男らしいかと。
グズグズやって過去の栄光にしがみつく姿を見せられてファンとしてがっかりするよりは、スパッと自身の去就を決めてしまう今回の英断には敬意を持って臨みたいところ。

夢を見させてくれてありがとう、グロンホルム。
今季を絶対ドライバーズ&マニュファクチャラーズの両タイトルをゲットして終わらせてくれい(熱望)。


そして青天の霹靂ともいえるのが、マクレーの訃報。
僕がWRCを好きになった時期にトップドライバーの一角を占めていた人ですから、このニュースには残念でなりません。
(でもラリードライバーって車と関係ないところで亡くなるケースをよく見るのは気のせいなんだろうか?)

うちで取っている新聞にも(大々的にではありませんでしたが)記事が載ってましたし、やはりスバル時代の立役者として日本でもファンは多かったはず。
それだけに昨年のローブの代役としてクサラに乗った姿が最後になるとは…。予想だにしませんでした。
謹んでご冥福をお祈りします。


自分がWRCにはまってはや5年が経つわけですが、ドライバーもマシンも全てが変わってきてしまいました。

内輪もめの結果空中分解した(と思われる)プジョーの撤退。
そのPSAグループのとばっちりを受けたものの、最強のまま復帰してきたシトロエン。
撤退の危機にさらされながらも、今では唯一シトロエンとやりあえるまでに回復したフォード。
お家事情に翻弄され続けた上での三菱の撤退。
03年以来マシンに恵まれず勝てないスバル。
参加しているんだかしていないんだか、イマイチ影の薄いシュコダ。

新しいワークス勢の参入もないまま刻だけが無常に流れていってしまっていますね(や、今後唯一スズキが参入しそうですが)。

来季は一体誰を応援したらいいのか。
今のWRCがつまらないとは言いませんが、自分の中でのヒーロ-が不在なのも事実なんですよね…。

IRCが力をつけてきたら、WRCとタメをはれるくらいのイベントを放映するようにならないかと期待しています(そんな風にならないよう頼むよ~、WRCの偉い人~)。


追記を閉じる▲
グロンホルム引退は前々から囁かれていた事実ですので、それほど驚きはなかったりしてます。
サインツが身を引いたときと同じで、(周囲からの評価が)駄目になる前に退くというのはある意味男らしいかと。
グズグズやって過去の栄光にしがみつく姿を見せられてファンとしてがっかりするよりは、スパッと自身の去就を決めてしまう今回の英断には敬意を持って臨みたいところ。

夢を見させてくれてありがとう、グロンホルム。
今季を絶対ドライバーズ&マニュファクチャラーズの両タイトルをゲットして終わらせてくれい(熱望)。


そして青天の霹靂ともいえるのが、マクレーの訃報。
僕がWRCを好きになった時期にトップドライバーの一角を占めていた人ですから、このニュースには残念でなりません。
(でもラリードライバーって車と関係ないところで亡くなるケースをよく見るのは気のせいなんだろうか?)

うちで取っている新聞にも(大々的にではありませんでしたが)記事が載ってましたし、やはりスバル時代の立役者として日本でもファンは多かったはず。
それだけに昨年のローブの代役としてクサラに乗った姿が最後になるとは…。予想だにしませんでした。
謹んでご冥福をお祈りします。


自分がWRCにはまってはや5年が経つわけですが、ドライバーもマシンも全てが変わってきてしまいました。

内輪もめの結果空中分解した(と思われる)プジョーの撤退。
そのPSAグループのとばっちりを受けたものの、最強のまま復帰してきたシトロエン。
撤退の危機にさらされながらも、今では唯一シトロエンとやりあえるまでに回復したフォード。
お家事情に翻弄され続けた上での三菱の撤退。
03年以来マシンに恵まれず勝てないスバル。
参加しているんだかしていないんだか、イマイチ影の薄いシュコダ。

新しいワークス勢の参入もないまま刻だけが無常に流れていってしまっていますね(や、今後唯一スズキが参入しそうですが)。

来季は一体誰を応援したらいいのか。
今のWRCがつまらないとは言いませんが、自分の中でのヒーロ-が不在なのも事実なんですよね…。

IRCが力をつけてきたら、WRCとタメをはれるくらいのイベントを放映するようにならないかと期待しています(そんな風にならないよう頼むよ~、WRCの偉い人~)。

【2007/09/21 00:07】 | WRC
トラックバック(0) |


いけぴ
すべてが無になる

にしてみました。普通かな。

ご無沙汰してます
ちぃ
私もこの記事、全て同意見です。
ペタさんとロブさんを押さないところも同じだったり(笑)
しかし、ため息でちゃいますね。。。
私も来季は誰を応援しましょう(ーー;)

いけぴさん
なお
変なエントリーにコメントを頂きまして、多謝です。

●には何を入れてもらっても構いませんので。
タイトルと内容にはあまり関係がないのです(笑)。

本当は『すべてがFになる THE PERFECT INSEIDER(森博嗣・著)』をパロって「すべてが鬱になる THE PERFECT INSIDER(完璧な引き篭もり)」ってネタで戯言カテゴリーで愚痴を書くつもりだったんですよw。
導入部のテキストがなんだかおかしいのはそのため。

出勤中に訳のわからない事を書いたから後で修正しようと思ってたんですが、コメントまで頂いてしまったのでこのままにします(笑)。

またのコメントをお待ちしております(^^)ノ。

ちぃさん
なお
お久しぶりでーす(^^)ノ。
こんな変なエントリーにコメントを頂きまして、多謝です。

>私もこの記事、全て同意見です。

ご賛同いただきまして嬉しく思います。
別エントリーでもう少し突っ込んで書こうかとも思ったんですが、ここでもう少し自分の思いなんかも書いちゃいます。

現状WRCを引っ張っているのは、グロンホルム、ローブの2者であることは疑いもありません。
各ワークスの2nd、あるいはワークスチームのドライバーももちろん将来を予感させる光を放っているのですが、いかんせん前記の2人が異次元の走りをしてしまっているためどうにも物足りないように感じます。

今のドライバーズラインナップを見ると、

・超ベテラン=M.グロンホルム
・ベテラン=S.ローブ/P.ソルベルグ
・中堅~ベテラン=H.ソルベルグ/M.ストール/T.ガルデマイスター/F.デュバル
・次世代の星=M.ヒルボネン/C.アトキンソン/D.ソルド/J.M.ラトバラ/J.コペツキー/G.ガリ等

以上のような(超個人的見解ではありますが)感じになると思います。

要は若手が超えるべき壁がなくなっちゃうんですよね。
グロンホルムが抜けたら、頂点に立つのは鉄板でローブ。
今のペターはマキネンが抜ける直前の状態(とにかくマシンが自分に合わない)に近いので来季以降復活できるかは不透明。
ヒルボネンも成長著しくいい仕事をしてますが、仮に来季のフォードの1stを張るようになった場合、すべてのフィールドでローブと互角にやり合えるかは少々疑問。

これだけで来季のローブのタイトルは決まったも同然ですよね(新型C4WRCのスペックが最悪な物になれば話は別ですが、シトロエンのマシン製作に限って言えばその期待は薄いですし…)

もちろん中堅~ベテラン、そして期待の新星たちにもチャンスがないとは言い切れませんが、いかんせんローブを追い詰めるところまではタイムを縮められていないのも事実。
いいマシンに乗れればある程度までは行くでしょうが…。

そう考えると、2000年初頭のドライバーズラインナップがいかに充実していたか…(グロンホルム、バーンズ、マクレー、サインツ、マキネン、ローブ、ペター、マーチン、etc。ベテランから若手まで同じ位チャンスがあったわけですし)。
過去を振り返ってばかりというのも良くないですが、やはりため息が出ちゃいますね。


来季はどうするかなぁ…。
とりあえず、現在の2ndドライバーたちの成長を見所にしようかと思ってます。
一応今はフォードびいきなので、ヒルボネンが残ったら彼を応援するつもりでおりますが。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
すべてが無になる

にしてみました。普通かな。
2007/09/21(Fri) 21:59 | URL  | いけぴ #-[ 編集]
ご無沙汰してます
私もこの記事、全て同意見です。
ペタさんとロブさんを押さないところも同じだったり(笑)
しかし、ため息でちゃいますね。。。
私も来季は誰を応援しましょう(ーー;)
2007/09/21(Fri) 22:57 | URL  | ちぃ #pa4o4T/.[ 編集]
いけぴさん
変なエントリーにコメントを頂きまして、多謝です。

●には何を入れてもらっても構いませんので。
タイトルと内容にはあまり関係がないのです(笑)。

本当は『すべてがFになる THE PERFECT INSEIDER(森博嗣・著)』をパロって「すべてが鬱になる THE PERFECT INSIDER(完璧な引き篭もり)」ってネタで戯言カテゴリーで愚痴を書くつもりだったんですよw。
導入部のテキストがなんだかおかしいのはそのため。

出勤中に訳のわからない事を書いたから後で修正しようと思ってたんですが、コメントまで頂いてしまったのでこのままにします(笑)。

またのコメントをお待ちしております(^^)ノ。
2007/09/22(Sat) 12:26 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
ちぃさん
お久しぶりでーす(^^)ノ。
こんな変なエントリーにコメントを頂きまして、多謝です。

>私もこの記事、全て同意見です。

ご賛同いただきまして嬉しく思います。
別エントリーでもう少し突っ込んで書こうかとも思ったんですが、ここでもう少し自分の思いなんかも書いちゃいます。

現状WRCを引っ張っているのは、グロンホルム、ローブの2者であることは疑いもありません。
各ワークスの2nd、あるいはワークスチームのドライバーももちろん将来を予感させる光を放っているのですが、いかんせん前記の2人が異次元の走りをしてしまっているためどうにも物足りないように感じます。

今のドライバーズラインナップを見ると、

・超ベテラン=M.グロンホルム
・ベテラン=S.ローブ/P.ソルベルグ
・中堅~ベテラン=H.ソルベルグ/M.ストール/T.ガルデマイスター/F.デュバル
・次世代の星=M.ヒルボネン/C.アトキンソン/D.ソルド/J.M.ラトバラ/J.コペツキー/G.ガリ等

以上のような(超個人的見解ではありますが)感じになると思います。

要は若手が超えるべき壁がなくなっちゃうんですよね。
グロンホルムが抜けたら、頂点に立つのは鉄板でローブ。
今のペターはマキネンが抜ける直前の状態(とにかくマシンが自分に合わない)に近いので来季以降復活できるかは不透明。
ヒルボネンも成長著しくいい仕事をしてますが、仮に来季のフォードの1stを張るようになった場合、すべてのフィールドでローブと互角にやり合えるかは少々疑問。

これだけで来季のローブのタイトルは決まったも同然ですよね(新型C4WRCのスペックが最悪な物になれば話は別ですが、シトロエンのマシン製作に限って言えばその期待は薄いですし…)

もちろん中堅~ベテラン、そして期待の新星たちにもチャンスがないとは言い切れませんが、いかんせんローブを追い詰めるところまではタイムを縮められていないのも事実。
いいマシンに乗れればある程度までは行くでしょうが…。

そう考えると、2000年初頭のドライバーズラインナップがいかに充実していたか…(グロンホルム、バーンズ、マクレー、サインツ、マキネン、ローブ、ペター、マーチン、etc。ベテランから若手まで同じ位チャンスがあったわけですし)。
過去を振り返ってばかりというのも良くないですが、やはりため息が出ちゃいますね。


来季はどうするかなぁ…。
とりあえず、現在の2ndドライバーたちの成長を見所にしようかと思ってます。
一応今はフォードびいきなので、ヒルボネンが残ったら彼を応援するつもりでおりますが。
2007/09/22(Sat) 13:15 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。