日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的にその会社の営業さんから直接話を聞くのが好きです。
あくまで話を聞くだけ、というのがミソですが(笑)。

先日カメラ屋に出向いてオリンパスのE-510を触っていた時に、後ろから声をかけてくる人物が。
振り向いて胸元を見るといつもの店員ではなくオリンパスの営業さんでした。
たまたまこの日は実機と各種レンズを持って、販売状況の確認+営業に来ていたんでしょう。

E-510も非常に気になっていた僕としては、渡りに船。世間話がてら色々な質問をぶつけてみることにしました。
とはいえ、やはりそこは素人。ちょっと専門的な単語になるとチンプンカンプンになるというのが本音だったわけですが(苦笑)。

とりあえず最近OM-2nを手に入れて遊んでいる事を告げ、ちょっとデジタル一眼にも興味があるんだ~、と話を振ってみると反応もまずまず。
「今日はいろいろなレンズを持ってきてますんで、510に付けた感じを試していってください」ということ。
ここで内心「よしよし、いい感じに『買いそうな客』として印象付けられた」とほくそえむ僕。←ちなみに一緒につれてきた友人Kはこの段階から放置プレイ状態に(爆)。

実際にシャッターを何回か切っただけですが、思ってる以上に『手ぶれ補正』が効いていると見えて、ライブビューで見た写真もかなりよさげな雰囲気。
持った感じもやはり最軽量の部類にはいるということで、気軽に持ち出せそうなところが気に入りました。

あとはフォーサーズの特性(良い所/悪い所)を軽く聞いたり、雑誌では当たり前のように説明されている単語の質問をぶつけてみたり、オリンパスのカメラ部門がどういう感じなのかとか、現在TVで流れている「宮崎あおい」女史のCM裏話とか、オリンパスのPR活動の下手さ上手くなさとか、普段のカメラ店の店員からではあまり聞けないような話を聞いて(もちろん買わずに)帰りました(笑)。


帰りの車の中で、やっぱり当初のプランでデジタル一眼を買う事を固め始めました。
最初はオリンパスE-510(あるいはその後継)を購入。こちらは荷物を減らしたい時に使用する。
その後キヤノンのEOS40D(おそらく後継機)を購入して、近距離の旅行や多少荷物が多い時でも大丈夫な際に使う(もちろんOM-2nとバックアップのコンデジは常備)。

違うメーカーじゃないかって?
大体そんなにレンズを買い漁える程の財力もなければ、趣味もカメラだけっていう訳じゃないんでこれでいいんですよ、僕の場合(笑)。

とまぁ、こんな形のカメラ購入に対する妄想を働かせてみました。


話は戻りますが、結局メーカーがどんな風な所か。
そういう点(一部でも)をみられるだけでも自分が欲しいと思っている製品の会社の人間と話をするのは価値があります。
僕自身サービス業なので、他人からどう思われているかを最も気にしなければならないので、本当に勉強になります。←結局客側からすれば、僕=会社の体質と見られかねないわけですから…

ま、そういった事を抜きにしても自分知りたい情報をもっている人と話すっていうのはいいものですよ。何より、楽しいんで(笑)。


追記を閉じる▲
とりあえず最近OM-2nを手に入れて遊んでいる事を告げ、ちょっとデジタル一眼にも興味があるんだ~、と話を振ってみると反応もまずまず。
「今日はいろいろなレンズを持ってきてますんで、510に付けた感じを試していってください」ということ。
ここで内心「よしよし、いい感じに『買いそうな客』として印象付けられた」とほくそえむ僕。←ちなみに一緒につれてきた友人Kはこの段階から放置プレイ状態に(爆)。

実際にシャッターを何回か切っただけですが、思ってる以上に『手ぶれ補正』が効いていると見えて、ライブビューで見た写真もかなりよさげな雰囲気。
持った感じもやはり最軽量の部類にはいるということで、気軽に持ち出せそうなところが気に入りました。

あとはフォーサーズの特性(良い所/悪い所)を軽く聞いたり、雑誌では当たり前のように説明されている単語の質問をぶつけてみたり、オリンパスのカメラ部門がどういう感じなのかとか、現在TVで流れている「宮崎あおい」女史のCM裏話とか、オリンパスのPR活動の下手さ上手くなさとか、普段のカメラ店の店員からではあまり聞けないような話を聞いて(もちろん買わずに)帰りました(笑)。


帰りの車の中で、やっぱり当初のプランでデジタル一眼を買う事を固め始めました。
最初はオリンパスE-510(あるいはその後継)を購入。こちらは荷物を減らしたい時に使用する。
その後キヤノンのEOS40D(おそらく後継機)を購入して、近距離の旅行や多少荷物が多い時でも大丈夫な際に使う(もちろんOM-2nとバックアップのコンデジは常備)。

違うメーカーじゃないかって?
大体そんなにレンズを買い漁える程の財力もなければ、趣味もカメラだけっていう訳じゃないんでこれでいいんですよ、僕の場合(笑)。

とまぁ、こんな形のカメラ購入に対する妄想を働かせてみました。


話は戻りますが、結局メーカーがどんな風な所か。
そういう点(一部でも)をみられるだけでも自分が欲しいと思っている製品の会社の人間と話をするのは価値があります。
僕自身サービス業なので、他人からどう思われているかを最も気にしなければならないので、本当に勉強になります。←結局客側からすれば、僕=会社の体質と見られかねないわけですから…

ま、そういった事を抜きにしても自分知りたい情報をもっている人と話すっていうのはいいものですよ。何より、楽しいんで(笑)。

【2007/09/24 09:55】 | 非日常な日常
トラックバック(0) |

静観
CLEF
元デジタルカメラ(一眼専門)販売員はだまって見ていよう(イヤ、現役なんだけど2年仕事してないし…)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
静観
元デジタルカメラ(一眼専門)販売員はだまって見ていよう(イヤ、現役なんだけど2年仕事してないし…)
2007/09/25(Tue) 20:57 | URL  | CLEF #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。