日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDを買わねばならないかと思っていましたが、たまたま検索をかけたら「Yahoo!動画」にて無料配信中でしたので、小躍りを(心の中でして)見てました。

以下感想。

うむ、絵柄にもタツノコテイストを感じられる作品でしたねぇ(特にミント)。
途中で打ち切りになってしまった作品のため、終盤はやや詰め込みすぎの感がありましたが、まぁまとまってはいたんじゃないかな、と思います。

作品を見る前のイメージとして、インビットはもっと昆虫的な感じかと思っていました。どちらかといえば甲殻類的な感じでしたので、ちょっと肩透かし。←それが悪いという意味じゃなくてね
これが『宇宙の戦士』(あるいはスターシップ・トゥルーパーズ)的な感じだったらイメージもまた違ったのかもしれませんが。


ロボットアニメファンとしてはモスピーダ(ライドアーマー)やレギオスについても語りたく思います。

見る前は戦闘機のレギオスとバイクのモスピーダでどんな風にレフレックスポイントを目指すのかが当初からの疑問でしたが、結局一緒に移動していたわけですねw。
専用のトレーラーとかでレギオスを運びつつ、モスピーダで移動かと思ってましたが、それぞれが自走してレフレックスポイントを目指してる点は正直無茶だと思いました(笑)。
というのも、レギオスのエネルギー(HBT)はどーすんだ?って思ってたから。←結局、盗んだり、敵基地から強奪したりしてましたけど。いいのか、軍人さん?(笑)

あと、思ったよりレギオスでの戦闘って少なかったですよね。特にアーモダイバーやアーモソルジャーに変形してっていうのは。
基本的にアーモファイターのまま戦うシーンの方が多かったのが残念。折角の3段変形が生かしきれてなかったなぁ、と感じました。
それでも『超時空要塞マクロス』のバルキリー並みに「板野サーカス」的演出があったらよかったんですが、結構直線的な機動で敵機撃墜というシーンが多かったですね(まぁ実際の航空機の戦闘ってあんな感じなのかもしれませんが。見たこと無いけど)。

劇中でスティックの乗る「エータ」は活躍してましたけど、レイの「イオタ」やフーケの「ゼータ」なんてアーモソルジャー形態になってるシーンがもっと少なかったし。終盤に出てきたダークレギオスなんてもっと活躍してなかったですよね(HBTステルス機能の意味が…)。
レギオスの増強兵器のトレッドが活かしきれていなかったのも惜しい所。


しかし、モスピーダ(ライドアーマー)自体は思っていたよりもかっこ良かったです。
子供の頃はパワードスーツ的なデザインにピンと来るものがなかったのですが、この年齢になったらかえってその良さが分かるようになりました。


当初の予定通りのシナリオで1年間放映されていたら、きっともっと違った深いエンディングを見ることができたんだろうなぁ、と思うと結構不遇の作品でしたね。

この年齢になって、良さが分かるというのも実に皮肉な話ですが(笑)。


追記を閉じる▲
うむ、絵柄にもタツノコテイストを感じられる作品でしたねぇ(特にミント)。
途中で打ち切りになってしまった作品のため、終盤はやや詰め込みすぎの感がありましたが、まぁまとまってはいたんじゃないかな、と思います。

作品を見る前のイメージとして、インビットはもっと昆虫的な感じかと思っていました。どちらかといえば甲殻類的な感じでしたので、ちょっと肩透かし。←それが悪いという意味じゃなくてね
これが『宇宙の戦士』(あるいはスターシップ・トゥルーパーズ)的な感じだったらイメージもまた違ったのかもしれませんが。


ロボットアニメファンとしてはモスピーダ(ライドアーマー)やレギオスについても語りたく思います。

見る前は戦闘機のレギオスとバイクのモスピーダでどんな風にレフレックスポイントを目指すのかが当初からの疑問でしたが、結局一緒に移動していたわけですねw。
専用のトレーラーとかでレギオスを運びつつ、モスピーダで移動かと思ってましたが、それぞれが自走してレフレックスポイントを目指してる点は正直無茶だと思いました(笑)。
というのも、レギオスのエネルギー(HBT)はどーすんだ?って思ってたから。←結局、盗んだり、敵基地から強奪したりしてましたけど。いいのか、軍人さん?(笑)

あと、思ったよりレギオスでの戦闘って少なかったですよね。特にアーモダイバーやアーモソルジャーに変形してっていうのは。
基本的にアーモファイターのまま戦うシーンの方が多かったのが残念。折角の3段変形が生かしきれてなかったなぁ、と感じました。
それでも『超時空要塞マクロス』のバルキリー並みに「板野サーカス」的演出があったらよかったんですが、結構直線的な機動で敵機撃墜というシーンが多かったですね(まぁ実際の航空機の戦闘ってあんな感じなのかもしれませんが。見たこと無いけど)。

劇中でスティックの乗る「エータ」は活躍してましたけど、レイの「イオタ」やフーケの「ゼータ」なんてアーモソルジャー形態になってるシーンがもっと少なかったし。終盤に出てきたダークレギオスなんてもっと活躍してなかったですよね(HBTステルス機能の意味が…)。
レギオスの増強兵器のトレッドが活かしきれていなかったのも惜しい所。


しかし、モスピーダ(ライドアーマー)自体は思っていたよりもかっこ良かったです。
子供の頃はパワードスーツ的なデザインにピンと来るものがなかったのですが、この年齢になったらかえってその良さが分かるようになりました。


当初の予定通りのシナリオで1年間放映されていたら、きっともっと違った深いエンディングを見ることができたんだろうなぁ、と思うと結構不遇の作品でしたね。

この年齢になって、良さが分かるというのも実に皮肉な話ですが(笑)。

【2007/10/29 23:11】 | 現代視覚文化
トラックバック(0) |

補給が途絶えてしまえば
不健康果実
どんな最新兵器もガラクタですし、
精強な兵士も糧秣が無ければ
空腹で闘えませんよねぇw

この「補給物資や糧食を敵地や
現地で調達する」シーンの描写、
当時の作品としてかなり現実感が漂っていた気もしますw

>レギオス
うーむ、確かにあんまり変形機構が活かされてませんでしたっけねぇ。。。
いつも最後は「マイクロミサイル
一斉発射!」で片付いてた憶えが。
人型になる必然性の描写が薄かった
のは確かかと(汗

>ライドアーマー
一兵士の機動性と攻撃力と生存率を纏めてかさ上げ出来る、優れたアイテムと思われます。
つーか米軍あたりで実用化検討して
くれないかなぁ。。。












不健康果実さん
なお
記事に乗っていただき、Thanxです。不健康果実さんなら乗ってくれると信じてました(笑)。

ま、物資の現地調達の描写に不満があるわけじゃないんですよ。
実際あれは当たり前だと思いますし、そうしなければレフレックスポイントにたどり着くなんて夢のまた夢…。
『装甲騎兵ボトムズ』のレッドショルダーも吸血部隊の名が示すとおり、武装、食料、全てを現地調達が基本精神でしたからね。


アーモソルジャーって立体化するとかなり映えるデザインなんで、フルスクラッチで組んでみたいとは思うんですが、時間も無ければ腕も無い…、という有様でして(爆)。

「エータ」タイプに持たせたい形状のライフルなんかも頭の中では出来上がってるんですよ、実際。

もしもライドアーマーを日本で開発したら、高速機動隊の専用白バイになってそう(笑)。
米軍での実用化の方がかっこいいですよね、イメージ的には。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
補給が途絶えてしまえば
どんな最新兵器もガラクタですし、
精強な兵士も糧秣が無ければ
空腹で闘えませんよねぇw

この「補給物資や糧食を敵地や
現地で調達する」シーンの描写、
当時の作品としてかなり現実感が漂っていた気もしますw

>レギオス
うーむ、確かにあんまり変形機構が活かされてませんでしたっけねぇ。。。
いつも最後は「マイクロミサイル
一斉発射!」で片付いてた憶えが。
人型になる必然性の描写が薄かった
のは確かかと(汗

>ライドアーマー
一兵士の機動性と攻撃力と生存率を纏めてかさ上げ出来る、優れたアイテムと思われます。
つーか米軍あたりで実用化検討して
くれないかなぁ。。。










2007/11/01(Thu) 15:24 | URL  | 不健康果実 #-[ 編集]
不健康果実さん
記事に乗っていただき、Thanxです。不健康果実さんなら乗ってくれると信じてました(笑)。

ま、物資の現地調達の描写に不満があるわけじゃないんですよ。
実際あれは当たり前だと思いますし、そうしなければレフレックスポイントにたどり着くなんて夢のまた夢…。
『装甲騎兵ボトムズ』のレッドショルダーも吸血部隊の名が示すとおり、武装、食料、全てを現地調達が基本精神でしたからね。


アーモソルジャーって立体化するとかなり映えるデザインなんで、フルスクラッチで組んでみたいとは思うんですが、時間も無ければ腕も無い…、という有様でして(爆)。

「エータ」タイプに持たせたい形状のライフルなんかも頭の中では出来上がってるんですよ、実際。

もしもライドアーマーを日本で開発したら、高速機動隊の専用白バイになってそう(笑)。
米軍での実用化の方がかっこいいですよね、イメージ的には。
2007/11/01(Thu) 22:42 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。