日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理じゃね?(えー

本日は友人の結婚式だったんですよ。
大学の同期じゃ2人目だったんですがね。まぁ、めでたい事でしたのでそれ自体は良かったと思います。
(これについては別記事でUP予定)

まぁ、そんな中帰りの電車内で『空の境界』を読みながら考えていたことが…。

(※以下は戯言ですので、適当に読み流してくれてもOK)

唐突なようですが、僕は人付き合いが得意な方ではありません。
現実世界で僕を御存知の方は、首をかしげるやもしれませんが。

少ない人数と相対した時はそれ程でもないんですが、大人数の中に放り込まれると、とにかく存在をいかにして希薄にするかという方向に走ってしまい、口数が少なくなってしまいます。
クルマのオフ会で大人数の所に出向いた際に、同じ人としか話してない姿が見られるのはそのせいです。

この性質はつまり、「合コン」というものに参加した時に致命的に効いてくるマイナス要素な訳でして…。
相手のことを探り探り、少ない時間で自分に対する関心を持たせるということ。これ程自分にとって難しいことはないんですよ。口下手ですし…。
(や、もちろん皆さん『それは難しくて当たり前』と言われるかもしれませんが)

とにかく大人数の中から一人を見つけて来いっていうのは、すごくハードルが高いと感じてしまいます。
よって、合コンにて恋人ゲットは難度Sとは言わないまでも、A~Bの難しさに該当します。


それでは巷に広告として流布している結婚相談所、もしくは該当のサイトはどうでしょう?
こちらはシステム上信用できない所もあり、ちょっとハナっから眉唾で挑まなくてはならないのがもどかしいかも。←サクラの可能性が高いとも聞きますし。
仮に上手く知り合いになれたとしても、このすさまじく偏った趣味に理解を示してくれる相手がどれだけいるか…。考えるだに恐ろしい…(汗)。

ただ、上手くいけば一対一のやりとりができるので、こちらについては難度B~Cくらいに認定できると思います。


友人の紹介。これはどうでしょう?
これで致命的なのは、「そも、紹介してくれる友人がいない」という点(爆)。
職場ではありえないですし、かといってそれ以外の所での(同年代の)友人が極めて少ない僕ですので、これもなかなか難しいですね~。
難度はA~Cまでといったところでしょうか?

あと問題なのは、パーソナリティに関わる点なんですがとにかく「他人に知られたくない」っていうのがありまして。
大昔、好きになった人の事で散々からかわれたことがあって、それがちょっとトラウマまではいかないですが、心の傷になってるわけですよ、ハイ。
人を好きになって、それを他人に打ち明けることがあまり良くない事として刷り込まれちゃってるというか…。
僕の秘密主義的なところはそういう所からも来ているみたいです、どうも。

この間も職場の忘年会で、たまたま新卒の若い娘がいたんですが、周りが「行け行け」と囃し立てる始末。←嫌だって抵抗したんですが…
とりあえずその方に失礼がないようにお話だけはしてきましたが、本当にそれだけ。
一目惚れることもなかったので、世間話しかしなかったんですが、これは人間的に間違ってる?

でも本当にダメなんですよね。
他人の目があるところ(しかも無理矢理)でパーソナルな話をするのが。
(無論そんな席でいきなり「付き合って欲しい」なんて言い出すほどKYな人間ではないですけどねw)


今日友人を見ていて思ったことは、「自分にはあれだけの甲斐性があるのか」ということ。
花嫁さんが心の底から喜び、自分と人生を共にしてくれる。
自分のそんな姿を思い浮かべることがどうしてもできずにいました。
(もちろん友人へのお祝いの気持ちはこれとは別の話ですけどね)


理想なのは、迷った時に背中をポンと押してくれるような心の優しい人ですが、そんな二次元の世界にしかいないような人はまず現れないと思うので(爆)。
ついでに言っておくなら、ビルの屋上から背中を押すような人では困りますw。


以上のことから結論づけると、「まだまだ結婚は先の話」という風になりそうです。
それどころか下手をすれば「生涯独身」の可能性も…(それだけは避けたい所ですが)。

かえって僕みたいな人間には、「お見合い」みたいなちょっと古いシステムの方が性に合うのかもしれないですね。
燃えるような恋をして結婚、ってきっと僕の辞書には載ってないんですよね。

とりとめのない戯言になりましたが、要は「結婚はいいものだ。しかし、自分にはまだそれだけの資格が無い、ということを思い知った1日でした」と言う趣旨の事を書きたかっただけなんですよねw。


追記を閉じる▲
唐突なようですが、僕は人付き合いが得意な方ではありません。
現実世界で僕を御存知の方は、首をかしげるやもしれませんが。

少ない人数と相対した時はそれ程でもないんですが、大人数の中に放り込まれると、とにかく存在をいかにして希薄にするかという方向に走ってしまい、口数が少なくなってしまいます。
クルマのオフ会で大人数の所に出向いた際に、同じ人としか話してない姿が見られるのはそのせいです。

この性質はつまり、「合コン」というものに参加した時に致命的に効いてくるマイナス要素な訳でして…。
相手のことを探り探り、少ない時間で自分に対する関心を持たせるということ。これ程自分にとって難しいことはないんですよ。口下手ですし…。
(や、もちろん皆さん『それは難しくて当たり前』と言われるかもしれませんが)

とにかく大人数の中から一人を見つけて来いっていうのは、すごくハードルが高いと感じてしまいます。
よって、合コンにて恋人ゲットは難度Sとは言わないまでも、A~Bの難しさに該当します。


それでは巷に広告として流布している結婚相談所、もしくは該当のサイトはどうでしょう?
こちらはシステム上信用できない所もあり、ちょっとハナっから眉唾で挑まなくてはならないのがもどかしいかも。←サクラの可能性が高いとも聞きますし。
仮に上手く知り合いになれたとしても、このすさまじく偏った趣味に理解を示してくれる相手がどれだけいるか…。考えるだに恐ろしい…(汗)。

ただ、上手くいけば一対一のやりとりができるので、こちらについては難度B~Cくらいに認定できると思います。


友人の紹介。これはどうでしょう?
これで致命的なのは、「そも、紹介してくれる友人がいない」という点(爆)。
職場ではありえないですし、かといってそれ以外の所での(同年代の)友人が極めて少ない僕ですので、これもなかなか難しいですね~。
難度はA~Cまでといったところでしょうか?

あと問題なのは、パーソナリティに関わる点なんですがとにかく「他人に知られたくない」っていうのがありまして。
大昔、好きになった人の事で散々からかわれたことがあって、それがちょっとトラウマまではいかないですが、心の傷になってるわけですよ、ハイ。
人を好きになって、それを他人に打ち明けることがあまり良くない事として刷り込まれちゃってるというか…。
僕の秘密主義的なところはそういう所からも来ているみたいです、どうも。

この間も職場の忘年会で、たまたま新卒の若い娘がいたんですが、周りが「行け行け」と囃し立てる始末。←嫌だって抵抗したんですが…
とりあえずその方に失礼がないようにお話だけはしてきましたが、本当にそれだけ。
一目惚れることもなかったので、世間話しかしなかったんですが、これは人間的に間違ってる?

でも本当にダメなんですよね。
他人の目があるところ(しかも無理矢理)でパーソナルな話をするのが。
(無論そんな席でいきなり「付き合って欲しい」なんて言い出すほどKYな人間ではないですけどねw)


今日友人を見ていて思ったことは、「自分にはあれだけの甲斐性があるのか」ということ。
花嫁さんが心の底から喜び、自分と人生を共にしてくれる。
自分のそんな姿を思い浮かべることがどうしてもできずにいました。
(もちろん友人へのお祝いの気持ちはこれとは別の話ですけどね)


理想なのは、迷った時に背中をポンと押してくれるような心の優しい人ですが、そんな二次元の世界にしかいないような人はまず現れないと思うので(爆)。
ついでに言っておくなら、ビルの屋上から背中を押すような人では困りますw。


以上のことから結論づけると、「まだまだ結婚は先の話」という風になりそうです。
それどころか下手をすれば「生涯独身」の可能性も…(それだけは避けたい所ですが)。

かえって僕みたいな人間には、「お見合い」みたいなちょっと古いシステムの方が性に合うのかもしれないですね。
燃えるような恋をして結婚、ってきっと僕の辞書には載ってないんですよね。

とりとめのない戯言になりましたが、要は「結婚はいいものだ。しかし、自分にはまだそれだけの資格が無い、ということを思い知った1日でした」と言う趣旨の事を書きたかっただけなんですよねw。

【2007/12/23 23:39】 | 戯言
トラックバック(0) |

今は動けないそれが定めだけれど諦めはしないもう…
CLEF
自分の事で精一杯。他人(女性を含む男性も)と行動するなんてできない。
でも、もうちょっとで自分以外のまわりを見渡せる日が来るんだと切に願う。
もう遅いか…伊太車命!(笑

女性は裏側を自分にみせてくれて、表側を他の人との面合わせならいいんですけど、その逆だとつらいですねー。前者の方ともう少しでゴールインだった人もいましたが、自分の方から逃げてしまいました…その方の旦那になったのは知人ですが、自分と合っても話しずらそうでした。まぁ、彼が彼女のフォローをしてくれたから、個人的には感謝しているんですけどね。(会社に遊びに行っても挨拶だけして逃げられちゃうし…)

まだだ、まだ、終わらんよ!(結局、ネタかよorz)

CLEFさん
なお
まぁこの件については完全な戯言ですので、僕からのコメントは差し控えさせていただきます(笑)。

一言いえるのなら、僕ってすっっっごく「ネクラ」なんですよ。
表向きはニコニコとした仮面を被っていますが、その実ものすごくネガティブなんで。

花嫁さんになってくれる人は本当に人間のできた方でないと、苦労させちゃうなぁ、なーんて思ってます。

コミックスより一言
CLEF
人生、すなわち、是、ゲーム。

私もネット偽善者ですからw
はじっこのほうにいて影が薄いタイプですよ…

カメラ構えてほふく前進しながら写真撮ってたら会社で有名になりましたw

『なんで不健康果実(仮名)さんは・・・』
不健康果実
「OTAKU」やってるんですか??

アンサー:『他に趣味を知らんからさ』
      『だから未だに嫁さんも貰えん(自嘲)』

・・・自己完結しちゃいましたねぇw
そんな感じですよ、自分は。

仕事以外じゃ激しく人見知りで、かなり殻に閉じこもる性質で、自己嫌悪が
著しくて、交友関係も今じゃ壊滅状態だし、同年代の友人は皆無に等しい
・・・・・真人間失格ですのう(汗

一緒に過ごした幾人かの異性からも逃げ出して、だけど今の相方とは
何故か7年越しの腐れ縁w
「背中を押してくれる」人ではなく、例えるなら「暗い背中をホバギーで撥ねるか押しつぶす」様な人で(爆)、だから続いてるのかも知れませんがねぇ。。。

>その資格が無い
・・・・ミー トゥー(ヲイ


CLEFさん
なお
僕はカメラを持って構えただけで、犯罪者(予備軍)になると常々友人とバカトークを繰り広げておりますw。

ま、オリンパスユーザーらしく(?)、ネイチャーカメラマンを気取ってますので被写体は人物よりも、風景が専門ですがね。

不健康果実さん
なお
シ●ア?●ャアなのかっ!?

と、まぁガンダムネタはコッチに置いておいてw。

うーん、自分からなかなか連絡を取らないっていうところは共通点有かもしれませんね~。
(僕の場合は黙っていても向こうからメールを送ってくれるので、なんとか「ザ・ワールド」のスタンド発動は抑えられているんですがw)


>暗い背中をホバギーで撥ねるか押しつぶす」様な人

それはもう殺人です(爆)。

>資格

自分で言っておいてなんですけど、本当は資格なんて要らないんでしょうね。
必要なのは、決断力。そしてそれを実現するための行動のみ。

…相手がいなきゃどうしようもありませんがorz。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今は動けないそれが定めだけれど諦めはしないもう…
自分の事で精一杯。他人(女性を含む男性も)と行動するなんてできない。
でも、もうちょっとで自分以外のまわりを見渡せる日が来るんだと切に願う。
もう遅いか…伊太車命!(笑

女性は裏側を自分にみせてくれて、表側を他の人との面合わせならいいんですけど、その逆だとつらいですねー。前者の方ともう少しでゴールインだった人もいましたが、自分の方から逃げてしまいました…その方の旦那になったのは知人ですが、自分と合っても話しずらそうでした。まぁ、彼が彼女のフォローをしてくれたから、個人的には感謝しているんですけどね。(会社に遊びに行っても挨拶だけして逃げられちゃうし…)

まだだ、まだ、終わらんよ!(結局、ネタかよorz)
2007/12/24(Mon) 13:28 | URL  | CLEF #EBUSheBA[ 編集]
CLEFさん
まぁこの件については完全な戯言ですので、僕からのコメントは差し控えさせていただきます(笑)。

一言いえるのなら、僕ってすっっっごく「ネクラ」なんですよ。
表向きはニコニコとした仮面を被っていますが、その実ものすごくネガティブなんで。

花嫁さんになってくれる人は本当に人間のできた方でないと、苦労させちゃうなぁ、なーんて思ってます。
2007/12/24(Mon) 21:19 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
コミックスより一言
人生、すなわち、是、ゲーム。

私もネット偽善者ですからw
はじっこのほうにいて影が薄いタイプですよ…

カメラ構えてほふく前進しながら写真撮ってたら会社で有名になりましたw
2007/12/26(Wed) 20:26 | URL  | CLEF #EBUSheBA[ 編集]
『なんで不健康果実(仮名)さんは・・・』
「OTAKU」やってるんですか??

アンサー:『他に趣味を知らんからさ』
      『だから未だに嫁さんも貰えん(自嘲)』

・・・自己完結しちゃいましたねぇw
そんな感じですよ、自分は。

仕事以外じゃ激しく人見知りで、かなり殻に閉じこもる性質で、自己嫌悪が
著しくて、交友関係も今じゃ壊滅状態だし、同年代の友人は皆無に等しい
・・・・・真人間失格ですのう(汗

一緒に過ごした幾人かの異性からも逃げ出して、だけど今の相方とは
何故か7年越しの腐れ縁w
「背中を押してくれる」人ではなく、例えるなら「暗い背中をホバギーで撥ねるか押しつぶす」様な人で(爆)、だから続いてるのかも知れませんがねぇ。。。

>その資格が無い
・・・・ミー トゥー(ヲイ
2007/12/27(Thu) 16:23 | URL  | 不健康果実 #-[ 編集]
CLEFさん
僕はカメラを持って構えただけで、犯罪者(予備軍)になると常々友人とバカトークを繰り広げておりますw。

ま、オリンパスユーザーらしく(?)、ネイチャーカメラマンを気取ってますので被写体は人物よりも、風景が専門ですがね。
2007/12/29(Sat) 21:22 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
不健康果実さん
シ●ア?●ャアなのかっ!?

と、まぁガンダムネタはコッチに置いておいてw。

うーん、自分からなかなか連絡を取らないっていうところは共通点有かもしれませんね~。
(僕の場合は黙っていても向こうからメールを送ってくれるので、なんとか「ザ・ワールド」のスタンド発動は抑えられているんですがw)


>暗い背中をホバギーで撥ねるか押しつぶす」様な人

それはもう殺人です(爆)。

>資格

自分で言っておいてなんですけど、本当は資格なんて要らないんでしょうね。
必要なのは、決断力。そしてそれを実現するための行動のみ。

…相手がいなきゃどうしようもありませんがorz。
2007/12/29(Sat) 21:30 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。