日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタパブログで見て、即やってみました(コチラからどうぞ)。

なかなか笑えますね。

入力するたびに違うことを言われるので、気に入る評論が出るまで試してみるのもアリ?

ちなみにうちの場合は…。

例1)
今年最高の栄誉が贈られるとしたら、まさに新エントリーモデルが相応しいと言えるだろう。

総合得点 99点

白銀のエクスカリバーは、まばゆい輝きを放ち、悪を砕く。女性の鋭い洞察の前に、紳士は潔くシャッポを脱ぎレモンハイをさらすべきなのだ。フリーエージェントにクレジットカード的側面はないだろうか?



左手に保証期間中、胸には愛を抱いて、男は闘うもの。シナリオライターが登場した当時の衝撃を想像できるだろうか?

現代視覚文化には修正パッチ的なところがある。フリーエージェントの裏側に隠されたシューマッハがあってもおかしくない。そこにはもちろん現代視覚文化の在処が示されている。イラスト買がそんなに好きなのか。まあ良い。モーターオイルを手に入れるためなら、セーヌ川に飛び込むという若者があとを立たない。嘆かわしい。それならば、再度チャレンジとカメラ入門者もまた両立できないのである。極端な言い方に思えるかも知れないが、それがクレジットカード会社というものなのである。

そういうわけでメインPCは大切なのだ。

いくらかのインプレス、それとジンバックがあれば上等だ。不自由はない。旧旧スペックは長く、一生は短い。自由とは、メーカー独自によってもたらされ、スポンサードによって破壊されるのだ。大胆さとは、時に新エントリーモデルを恐れないものである。

どんなにニューヨークを田舎呼ばわりしても、人生初エステのない我々英国の人間にとってニューヨークは羨望の街となる。


例2)
少年よ、オフィシャルHPを見よ。少女よ、デスクトップ型を愛せ。

総合得点 5点

なんと清々しいブログだろうか。クロノグラフ大全の風に乗ってデチューン版が舞うようだ。間違いない。紳士淑女は刮目して金属アレルギーを見よ。

ドラッカー曰く、「再度チャレンジは企業規模とは無関係である」だそうだ。凡夫の想像を遙かに超越したところに、スポンサードはある。アルコールを欲すればデジカメWaを得て、フリーエージェントを欲する時シューマッハを得る。それが摂理だ。紺碧の時計メーカーは、蒼穹に羽ばたく。カタログアイテムを手に入れるためなら、セーヌ川に飛び込むという若者があとを立たない。嘆かわしい。ダンテの神曲では、ステッカーを巡って対立が起きる。どうだろうか。ポロシャツさえあれば生きて行けるというのか。そういうわけでDoCoMo 東京REMIX族は大切なのだ。

灰色の一応同値段は謎めいたマスターアップの中に。嗜みとして、最低限のミシュランは必要である。変わり者だと言われたとしても、決して自分を負けないのがまことの紳士である。パーティドレスに各時計雑誌はよく似合う。

艶やかなステッカーは、全てを魅力する。


例3)
フィンランドでは、結婚の誓いとしてエヴァンゲリオンを差し出すという。

総合得点 66点

スクリュードライバーのようであるとも言える。それは通常8000円なのだと言える。時には優雅なアルコールを、また時には鋭いアクシデント。それが社交術というものである。

毎週土曜17は悪くない。悪いのは1000円である。結局、新エントリーモデルしかない。アクシデントが絶対に必要だと思っているとしたら、それは大いなる幻想だ。本当に必要なのはエクスポートである。シナリオライターは絶句するほど人生初エステらしい。アルコールについて考えるとき、31000円台との類似性を思い出すべきだろう。どうだろう。1000円もそうだ。カメラ入門者にとって大切なものは3つある。フィルムカメラ、修正パッチ、それに各時計雑誌だ。

そういうわけで各時計雑誌は大切なのだ。

いくらかのシナリオライター、それとクレジットカードがあれば上等だ。不自由はない。カメラ入門者を考える時、ダウンロードサービスを忘れては居ないだろうか。どうすれば「メーカー独自」事件の二の舞と成らずに済むのか。考える必要がある。そもそも人はいかにして「メーカー独自」依存から脱却したのか。

これは言うなれば悪質な「オフィシャルHP」依存社会の表出である。


例4)
それにしても、目を覆うばかりなのは似非各時計雑誌たるイメージサントラである。

総合得点 1点

大人とは、時に狡い生き物である。新エントリーモデルに絡んだときは特にそうだ。フィッシュ&チップスなんて無粋だ。むしろデチューン版と2005年度の組み合わせを試したい。それが粋というもの。そう。モーターオイルだ。

ロイズの保険引受人はその債務を履行するためにはエンゲージリングさえ手放す。作者もまた、有言実行のためにはモータースポーツファンさえも手放す覚悟のようだ。実に立派。人はOMシリーズを知り、そしてプロデュースを知らずして死んでいくものなのだ。シックなベルギー製のEOS 40Dに、淑女はもう虜だ。カテゴリーがそんなに好きなのか。まあ良い。

であるならば、ミシュランを手に入れるためなら、セーヌ川に飛び込むという若者があとを立たない。嘆かわしい。カテゴリーは悪名高きウォルマートのバイヤーですら手を出さないだろう。そういうわけでエレガントは大切なのだ。

いくらかの映像エンジン、それとエレガントがあれば上等だ。不自由はない。そんな貴兄にブライトリング。自由とは、OMシリーズによってもたらされ、デジタルカメラマガジンによって破壊されるのだ。貴族とは、時に自らの血を流す事を厭わないものだ。たとえ睡眠時間含むを手放すことになろうと。

完全無欠のデスクトップ型。美しい。


例5)
ニューヨーカーは当たり前のようにDoCoMo 東京REMIX族を心がけている。

総合得点 59点

まずは最上級のステータス、それもスイス製の精緻なやつを手に入れる必要がある。それはフェイシャルエステなのだと言える。紳士淑女は刮目してクロノグラフ大全を見よ。左手に一応同値段、胸には愛を抱いて、男は闘うもの。結局、時計メーカーしかない。オランダ製の万能新エントリーモデルには、かのジェームズ・ボンドも舌を巻く。エントリーがそんなに好きなのか。まあ良い。大胆さとは、時に予備パーツを恐れないものである。人生初エステと人生初エステには、一見するとわからないが深い関連性がある。デジタルカメラマガジンは悪名高きウォルマートのバイヤーですら手を出さないだろう。笑顔を表現するのに「w」の記号を使うのは日本人だけだが、実に頂けない趣味だ。ダウンロードサービスは語るに値しない。31000円台は悪くない。悪いのはブライトリングである。

以上を元に考えると、パリ5区の静かな住宅街にひっそりとEOS 40Dがある。

横縞のデスクトップ型。センスを疑わざるを得ない。


などなど。
どれもこれも訳の分からん評論を下してくれて、実に素晴らしい(笑)。

特に(例3)に挙げた、「フィンランドでは、結婚の誓いとしてエヴァンゲリオンを差し出すという。」は酷すぎるw。
フィンランド人の皆様に謝れといいたくなるほど。ついでに結婚という一大イベントで、エヴァを差し出すなwww。


追記を閉じる▲
例1)
今年最高の栄誉が贈られるとしたら、まさに新エントリーモデルが相応しいと言えるだろう。

総合得点 99点

白銀のエクスカリバーは、まばゆい輝きを放ち、悪を砕く。女性の鋭い洞察の前に、紳士は潔くシャッポを脱ぎレモンハイをさらすべきなのだ。フリーエージェントにクレジットカード的側面はないだろうか?



左手に保証期間中、胸には愛を抱いて、男は闘うもの。シナリオライターが登場した当時の衝撃を想像できるだろうか?

現代視覚文化には修正パッチ的なところがある。フリーエージェントの裏側に隠されたシューマッハがあってもおかしくない。そこにはもちろん現代視覚文化の在処が示されている。イラスト買がそんなに好きなのか。まあ良い。モーターオイルを手に入れるためなら、セーヌ川に飛び込むという若者があとを立たない。嘆かわしい。それならば、再度チャレンジとカメラ入門者もまた両立できないのである。極端な言い方に思えるかも知れないが、それがクレジットカード会社というものなのである。

そういうわけでメインPCは大切なのだ。

いくらかのインプレス、それとジンバックがあれば上等だ。不自由はない。旧旧スペックは長く、一生は短い。自由とは、メーカー独自によってもたらされ、スポンサードによって破壊されるのだ。大胆さとは、時に新エントリーモデルを恐れないものである。

どんなにニューヨークを田舎呼ばわりしても、人生初エステのない我々英国の人間にとってニューヨークは羨望の街となる。


例2)
少年よ、オフィシャルHPを見よ。少女よ、デスクトップ型を愛せ。

総合得点 5点

なんと清々しいブログだろうか。クロノグラフ大全の風に乗ってデチューン版が舞うようだ。間違いない。紳士淑女は刮目して金属アレルギーを見よ。

ドラッカー曰く、「再度チャレンジは企業規模とは無関係である」だそうだ。凡夫の想像を遙かに超越したところに、スポンサードはある。アルコールを欲すればデジカメWaを得て、フリーエージェントを欲する時シューマッハを得る。それが摂理だ。紺碧の時計メーカーは、蒼穹に羽ばたく。カタログアイテムを手に入れるためなら、セーヌ川に飛び込むという若者があとを立たない。嘆かわしい。ダンテの神曲では、ステッカーを巡って対立が起きる。どうだろうか。ポロシャツさえあれば生きて行けるというのか。そういうわけでDoCoMo 東京REMIX族は大切なのだ。

灰色の一応同値段は謎めいたマスターアップの中に。嗜みとして、最低限のミシュランは必要である。変わり者だと言われたとしても、決して自分を負けないのがまことの紳士である。パーティドレスに各時計雑誌はよく似合う。

艶やかなステッカーは、全てを魅力する。


例3)
フィンランドでは、結婚の誓いとしてエヴァンゲリオンを差し出すという。

総合得点 66点

スクリュードライバーのようであるとも言える。それは通常8000円なのだと言える。時には優雅なアルコールを、また時には鋭いアクシデント。それが社交術というものである。

毎週土曜17は悪くない。悪いのは1000円である。結局、新エントリーモデルしかない。アクシデントが絶対に必要だと思っているとしたら、それは大いなる幻想だ。本当に必要なのはエクスポートである。シナリオライターは絶句するほど人生初エステらしい。アルコールについて考えるとき、31000円台との類似性を思い出すべきだろう。どうだろう。1000円もそうだ。カメラ入門者にとって大切なものは3つある。フィルムカメラ、修正パッチ、それに各時計雑誌だ。

そういうわけで各時計雑誌は大切なのだ。

いくらかのシナリオライター、それとクレジットカードがあれば上等だ。不自由はない。カメラ入門者を考える時、ダウンロードサービスを忘れては居ないだろうか。どうすれば「メーカー独自」事件の二の舞と成らずに済むのか。考える必要がある。そもそも人はいかにして「メーカー独自」依存から脱却したのか。

これは言うなれば悪質な「オフィシャルHP」依存社会の表出である。


例4)
それにしても、目を覆うばかりなのは似非各時計雑誌たるイメージサントラである。

総合得点 1点

大人とは、時に狡い生き物である。新エントリーモデルに絡んだときは特にそうだ。フィッシュ&チップスなんて無粋だ。むしろデチューン版と2005年度の組み合わせを試したい。それが粋というもの。そう。モーターオイルだ。

ロイズの保険引受人はその債務を履行するためにはエンゲージリングさえ手放す。作者もまた、有言実行のためにはモータースポーツファンさえも手放す覚悟のようだ。実に立派。人はOMシリーズを知り、そしてプロデュースを知らずして死んでいくものなのだ。シックなベルギー製のEOS 40Dに、淑女はもう虜だ。カテゴリーがそんなに好きなのか。まあ良い。

であるならば、ミシュランを手に入れるためなら、セーヌ川に飛び込むという若者があとを立たない。嘆かわしい。カテゴリーは悪名高きウォルマートのバイヤーですら手を出さないだろう。そういうわけでエレガントは大切なのだ。

いくらかの映像エンジン、それとエレガントがあれば上等だ。不自由はない。そんな貴兄にブライトリング。自由とは、OMシリーズによってもたらされ、デジタルカメラマガジンによって破壊されるのだ。貴族とは、時に自らの血を流す事を厭わないものだ。たとえ睡眠時間含むを手放すことになろうと。

完全無欠のデスクトップ型。美しい。


例5)
ニューヨーカーは当たり前のようにDoCoMo 東京REMIX族を心がけている。

総合得点 59点

まずは最上級のステータス、それもスイス製の精緻なやつを手に入れる必要がある。それはフェイシャルエステなのだと言える。紳士淑女は刮目してクロノグラフ大全を見よ。左手に一応同値段、胸には愛を抱いて、男は闘うもの。結局、時計メーカーしかない。オランダ製の万能新エントリーモデルには、かのジェームズ・ボンドも舌を巻く。エントリーがそんなに好きなのか。まあ良い。大胆さとは、時に予備パーツを恐れないものである。人生初エステと人生初エステには、一見するとわからないが深い関連性がある。デジタルカメラマガジンは悪名高きウォルマートのバイヤーですら手を出さないだろう。笑顔を表現するのに「w」の記号を使うのは日本人だけだが、実に頂けない趣味だ。ダウンロードサービスは語るに値しない。31000円台は悪くない。悪いのはブライトリングである。

以上を元に考えると、パリ5区の静かな住宅街にひっそりとEOS 40Dがある。

横縞のデスクトップ型。センスを疑わざるを得ない。


などなど。
どれもこれも訳の分からん評論を下してくれて、実に素晴らしい(笑)。

特に(例3)に挙げた、「フィンランドでは、結婚の誓いとしてエヴァンゲリオンを差し出すという。」は酷すぎるw。
フィンランド人の皆様に謝れといいたくなるほど。ついでに結婚という一大イベントで、エヴァを差し出すなwww。

【2008/02/08 21:49】 | 非日常な日常
トラックバック(0) |

自分のは
akiho
リバプールで見たときのは、もっと違った印象だった。
総合得点 6点
90年代が終わり、ついにが表舞台に現れた。

でした。
毎回同じ評価の方が面白いかったかも(笑)

akihoさん
なお
ま~、心をポッと暖めてくれる(らしい)お遊びサイトですので(笑)。

結局は自分の書いたテキストから単語を引っ張り出して評論っぽい文章を作るものですから。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
自分のは
リバプールで見たときのは、もっと違った印象だった。
総合得点 6点
90年代が終わり、ついにが表舞台に現れた。

でした。
毎回同じ評価の方が面白いかったかも(笑)
2008/02/08(Fri) 23:23 | URL  | akiho #-[ 編集]
akihoさん
ま~、心をポッと暖めてくれる(らしい)お遊びサイトですので(笑)。

結局は自分の書いたテキストから単語を引っ張り出して評論っぽい文章を作るものですから。
2008/02/09(Sat) 21:37 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。