日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、鬱々とした毎日を打破するため、本からインスピレーションを受ける事で解決しようという企画第2弾。
今回は『心が強くなる本』を読んだことについて書こうと思います。

僕がどっちかというとマイナー(この場合は音楽用語から)な人間なのは、そもそもの考え(メンタルな部分)に問題があるからではないか?という視点から購入をした本です。

この本で書いてあるのは、「言葉」こそが自分の心の強さを強化するのに一役買っているという点。
確かに世間ではマイナス思考よりプラス思考で生きれば鬱にはなりづらいと言われてます。
そしてプラス思考になるためには、言葉から変えていかなくてはいけない、とこの本では言っています。
マイナスの言葉が多いほど、自分を追い込んでしまい伸びなくなってしまう。逆にそういった言葉を減らしていけば、自然と物の見方も変わる。といった感じですね。

今の自分は確かに日々、「疲れた」だの「だるい」だの、マイナスに属する言葉を多く使っているような気もします(ブログに限らず)。
古来、言霊(ことだま)という言葉が象徴するように、言葉には目に見えない力があるようです。
今日からは少しでも心の防壁を強化するために、マイナス面の言葉を避けて日常を送ってみようとたった今決めたところです(笑)。

【2008/02/18 00:44】 | Read Books
トラックバック(0) |

つかれた・だるい・くるしい
-
関西以西では「しんどい」になるのかな?

自分で言ってみても関東人の自分からしてみると「かなり厳しい状態」じゃないと使いたくない言葉です「しんどい」。だから辛いときにその言葉を思いうかべ「まだ、しんどくはない!」と思うのが自己流の辛さからの脱出方法です。

でも、現在の四肢の痺れ、痛みは「しんどい」ですわ~(ダメじゃんw

(多分)CLEFさん
なお
体の不調はやむをえない所がありますので…。
そういったときははっきりと主張されてもいいのではないでしょうか?

僕の場合は精神論的な部分が弱いので。
もう少し前向きに生きていけるようになりたいんですけどね…。
(守るべきものができたら、少しは違うのかな?)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
つかれた・だるい・くるしい
関西以西では「しんどい」になるのかな?

自分で言ってみても関東人の自分からしてみると「かなり厳しい状態」じゃないと使いたくない言葉です「しんどい」。だから辛いときにその言葉を思いうかべ「まだ、しんどくはない!」と思うのが自己流の辛さからの脱出方法です。

でも、現在の四肢の痺れ、痛みは「しんどい」ですわ~(ダメじゃんw
2008/02/18(Mon) 06:57 | URL  |  #EBUSheBA[ 編集]
(多分)CLEFさん
体の不調はやむをえない所がありますので…。
そういったときははっきりと主張されてもいいのではないでしょうか?

僕の場合は精神論的な部分が弱いので。
もう少し前向きに生きていけるようになりたいんですけどね…。
(守るべきものができたら、少しは違うのかな?)
2008/02/18(Mon) 22:17 | URL  | なお #km62nynQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。