日々を楽しく送るための備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買ったのは結構前なんですが、ここ最近は買い物紹介を殆どしていませんでしたので、何となく紹介を。
(だーかーらー、アフェリで稼ぎたいっていうのもあるんですよ)

マイスター?
マイスターといえば有名なあの台詞も言わないといけないのか?

「俺がガンダムオリンパスだ!」(違)


さて、内容については「デジタルカメラマガジン」本誌で特集されていた内容の焼き直し(言い方悪いな)になるわけですが、このムックではいつもレンズ紹介が興味を引くところなんですよね。
もちろんレンズ自体すぐに買えるわけではないし、手に入れるのも難しい玉も紹介されているわけですが、ここはやはり「夢」(英語で言ったら“Dream”)を膨らませるための燃焼促進剤的な役割を果たしてくれるわけですよ、うん。

しかしながら、現在迷いがあるのです。
個人的にはOLYMPUSイ言者として生きていくことを「桃園の誓い」として課したわけですが(誰とだよ?)、やはりCanon(というか、コードネーム「(渡辺)謙様モデル」ことEOS 40D)も捨てがたいわけでして…。

Canonってやっぱり好きなんですよね。
プリンターがCanonだからとかじゃなく、安心して使えるという、心理的側面からなんですけど。

いやいや、しかしOLYMPUSは完全にデジタルとしてカメラを作っているわけですし、その潔さには技術屋としての意地が詰まっていることは疑いようもないという事実も…。
それに所詮僕はマイノリティ。あえて国内2強のメーカーに背を向けてOLYMPUSを愛したいと願ったわけですから。
某監督の、「G軍愛」ではありませんが、やはり僕は「OLYMPUS愛」で行きたいと思いますw。
(とか言いながら、EOS40Dを買ってたらスンマセン(爆))

E-3発売から1年経ったら、どれくらいの新型が他社を含めて投入されるか。ここが心配ではありますが。

あ、本の内容ですか?
色々なレンズを使った写真が見られて、個人的には大変満足しました。←それだけ???

Tips云々は、まだE-3を手にしていない僕にはあまり役に立たない代物でしたが、考えようによってはE-330でも使える要素を探し出せるのではないか?と思い現在は隅々まで目を通している所です。

でももう少し「デジタルカメラマガジン」本誌で触れていないことについても、触れまくって欲しかったな~。
そこだけが唯一の不満です。

(個人的感想の☆=☆☆☆☆★(4つ星)

【2008/03/30 23:26】 | 楽しいお買い物 (一般編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。